Recent changes RSS feed

徒然草

第25段 飛鳥川の淵瀬常ならぬ世にしあれば・・・

校訂本文

飛鳥川の淵瀬、常ならぬ世にしあれば、時移り事(こと)去り、楽しび悲しび、行きかひて、花やかなりしあたりも、人住まぬ野らとなり、変らぬ住処(すみか)は、人改まりぬ。桃李、もの言はねば、誰とともにか昔を語らん。まして、見ぬいにしへのやんごとなかりけん跡のみぞ、いとはかなき。

京極殿1)・法成寺など見るこそ、志とどまり、こと変じにけるさまはあはれなれ。御堂殿2)の作り磨かせ給ひて、荘園多く寄せられ、「わが御族(おんぞう)のみ、御門の御後見(おんうしろみ)、世のかためにて、行く末まで」と思し置きし時、いかならん世にも、かばかりあせはてんとは思してんや。

大門・金堂など、近くまでありしかど、正和のころ、南門は焼けぬ。金堂はその後(のち)倒(たふ)れ伏したるままにて、とり立つるわざもなし。

無量寿院ばかりぞ、その形(かた)とて残りたる。丈六の仏九体、いと貴くて、並びおはします。行成大納言3)の額、兼行4)が書ける扉、鮮かに見ゆるぞあはれなる。法華堂なども、いまだ侍るめり。これもまた、いつまでかあらん。

かばかりの名残だになき所々は、おのづから礎(いしずゑ)ばかり残るもあれど、さだかに知れる人もなし。

されば、よろづに見ざらん世までを思ひ置きてんこそ、はかなかるべけれ。

翻刻

飛鳥川の渕瀬。常ならぬ世にし
あれば。時うつり事さり。たのしひかなし
ひゆきかひて。花やかなりしあたり
も人すまぬのらとなり。かはらぬすみかは
人あらたまりぬ。桃李ものいはねは誰
とともにかむかしを語らん。まして
見ぬいにしへのやん事なかりけん
跡のみぞいとはかなき。京極殿。法成寺
など見るこそ。志とどまり事変じに
けるさまはあはれなれ。御堂殿の作りみ/w1-21l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0021.jpg

がかせ給て。庄園おほくよせられ。我御
ぞうのみ。御門の御うしろみ。世のかた
めにて。行末までとおぼしをきし時。い
かならん世にも。かばかりあせはてんとは
おぼしてんや。大門金堂などちか
くまで有しかど。正和の比南門は焼ぬ。
金堂はそののちたふれふしたるままに
て。とりたつるわざもなし。无量寿院
ばかりぞ其かたとて残りたる。丈六の仏
九体いとたふとくてならびおはします。/w1-22r
行成大納言の額兼行がかける扉。あざ
やかに見ゆるぞあはれなる。法華堂
などもいまだ侍るめり。是も又。いつまで
かあらん。かばかりの名残だになき所々は。
をのづからいしずへばかりのこるもあれ
ど。さだかにしれる人もなし。されば
萬に。見ざらん世までをおもひをき
てんこそはかなかるべけれ/w1-22l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0022.jpg

1)
藤原道長の邸宅。土御門殿とも。
2)
藤原道長
3)
藤原行成
4)
源兼行
text/turezure/k_tsurezure025.txt.txt · 最終更新: 2018/06/17 12:26 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa