ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure022.txt

徒然草

第22段 何事も古き世のみぞしたはしき・・・

校訂本文

何事も古き世のみぞしたはしき。今様(いまやう)は無下にいやしくこそ、なりゆくめれ。

かの木の道の匠(たくみ)の作れる、美しき器物(うつはもの)も、古代の姿こそ、をかしと見ゆれ。

文の詞(ことば)などぞ、昔の反古どもはいみじき。ただ言ふ言葉も、口惜しうこそなりもてゆくなれ。「いにしへは、『車もたげよ』、『火かかげよ』とこそ言ひしを、今様の人は、『もてあげよ』、『かきあげよ』と言ふ。『主殿寮人、人数だて』と言ふべきを、『たちあかし、しろくせよ』と言ひ、最勝講御聴聞所なるをば、『ごかうのろ』とこそ言ふを、『かうろ』と言ふ。口惜し」とぞ、古き人は仰せられし。

翻刻

なに事も。ふるき世のみぞしたはしき。今
やうは无下にいやしくこそ成ゆくめれ。
かの木の道のたくみのつくれる。うつく
しきうつは物も。古代の姿こそおかしと
見ゆれ。文の詞などぞ。昔の反古どもは
いみじき。ただいふ言葉も口おしう
こそなりもてゆくなれ。いにしへは
車もたげよ。火かかげよとこそいひし
を。今やうの人はもてあげよ。かきあげよ
といふ。主殿寮人人数だてといふべきを。/w1-19l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0019.jpg

たちあかししろくせよといひ。最勝講
御聴聞所なるをば。こかうのろとこそいふ
を。かうろといふくちおしとぞふるき
人はおほせられし/w1-20r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0020.jpg



text/turezure/k_tsurezure022.txt.txt · 最終更新: 2018/06/12 18:09 (外部編集)