Recent changes RSS feed

徒然草

第21段 よろづのことは月見るにこそ慰むものなれ・・・

校訂本文

よろづのことは、月見るにこそ、慰むものなれ。ある人の、「月ばかりおもしろきものはあらじ」と言ひしに、また一人、「露こそあはれなれ」と争ひしこそ、をかしけれ。

折にふれば、何かはあはれならざらん。月・花はさらなり。風のみこそ、人に心はつくめれ。岩に砕けて清く流るる水の気色こそ、時をも分かずめでたけれ。「沅・湘、日夜東に流れ去る。愁人のために留まること、少時(しばらく)もせず」といへる詩を見侍りしこそ、あはれなりしか。

嵇康も、「山沢に遊びて、魚鳥を見れば、心楽しぶ」と言へり。人遠(どお)く、水草清き所にさまよひ歩(あり)きたるばかり、心慰むことはあらじ。

翻刻

萬のことは。月見るにこそなぐさむ物な
れ。有人の月ばかり面白ものはあらじ
といひしに。又ひとり露こそあはれなれ
とあらそひしこそおかしけれ。折に/w1-18l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0018.jpg

ふれは何かはあはれならざらん。月花はさら
也。風のみこそ人に心はつくめれ。岩に
くだけてきよくながるる水のけし
きこそ。時をもわかずめでたけれ。沅
湘日夜東に流さる愁人の為にとどまる
こと少時もせず。といへる詩を見侍しこ
そ哀なりしか。嵇康も山沢にあそび
て。魚鳥を見れば心たのしふといへり。人ど
をく水草きよき所にさまよひあり
きたるばかり。心なぐさむ事はあらじ/w1-19r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0019.jpg

text/turezure/k_tsurezure021.txt.txt · 最終更新: 2018/06/12 15:43 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa