Recent changes RSS feed

徒然草

第19段 折節の移り変るこそものごとにあはれなれ・・・

校訂本文

折節の移り変るこそ、ものごとにあはれなれ。

「もののあはれは、秋こそまされ」と人ごとに言ふめれど、それもさるものにて、今、ひときは心も浮き立つものは、春の気色にこそあめれ。鳥の声なども、ことのほかに春めきて、のどやかなる日影に、垣根の草もえ出づるころより、やや春深く、霞み渡りて、花もやうやう気色だつほどこそあれ、折しも、雨風うち続きて、心あはたたしく散り過ぎぬ。青葉になりゆくまで、よろづに、ただ心をのみぞ悩ます。

花橘(はなたちばな)は名にこそ負へれ。なほ、梅に匂ひにぞ、いにしへのことも立ちかへり恋しう思ひ出でらるる。山吹の清げに、藤のおぼつかなきさましたる、すべて、思ひ捨てが たきこと多し。

「灌仏のころ、祭のころ、若葉の梢、凉しげに茂りゆくほどこそ、世のあはれも、人の恋しさもまされ」と、人の仰せられしこそ、げにさるものなれ。

五月、菖蒲(あやめ)ふくころ、早苗とるころ、水鶏(くひな)の叩くなど、心細からぬかは。

六月のころ、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣火(かやりび)ふすぶるもあはれなり。六月祓(みなつきばらへ)、またをおかし。

七夕祭るこそ、なまめかしけれ。やうやう夜寒になるほど、雁鳴きて来るころ、萩の下葉色づくほど、早稲田(わさだ)刈り干すなど、取り集めたることは、秋のみぞ多かる。また、野分の朝(あした)こそ、をかしけれ。

言ひ続くれば、みな『源氏物語』・『枕草子』などに、ことふりにたれど、同じこと、また今さらに言はじとにもあらず。思しきこと言はぬは、腹ふくるるわざなれば、筆にまかせつつ、あぢきなきすさびにて、かつ破(や)り捨つべきものなれば、人の見るべきにもあらず。

さて、冬枯れの気色こそ、秋にはをさをさおとるまじけれ。汀(みぎは)の草に紅葉の散りとどまりて、霜いと白うおける朝。遣水(やりみづ)より煙の立つこそ、をかしけれ。

年の暮れはてて、人ごとに急ぎあへるころぞ、またなくあはれなる。すさまじきものにして、見る人もなき、月の寒けく澄める二十日あまりの空こそ、心細きものなれ。御仏名・荷前(のさき)の使立つなどぞ、あはれにやんごとなき。公事どもしげく、春の急ぎにとり重ねて、催し行なはるるさまぞ、いみじきや。

追儺(ついな)より、四方拝に続くこそ、面白けれ。晦日(つごもり)の夜、いたう暗きに、松ども灯して、夜半過ぐるまで、人の門叩き走りありきて、何ごとにかあらん、ことことしくののしりて、足を空(そら)にまどふが、暁がたより、さすがに音なくなりぬるこそ、年の名残も心細けれ。「亡き人の来る夜」とて、魂(たま)祀るわざは、このごろ都にはなきを、東(あづま)の方には、なほすることにてありしこそ、あはれなりしか。

かくて明けゆく空の気色、昨日に変りたりとは見えねど、ひきかへめづらしき心地ぞする。大路のさま、松立てわたして、華やかに嬉しげなるこそ、またあはれなれ。

翻刻

折節のうつりかはるこそものごとに/w1-15r
哀なれ。もののあはれは秋こそまされと
人ごとにいふめれど。それもさる物にて。
今一きは心もうきたつ物は。春の気色
にこそあめれ。鳥の声なども事の
外に春めきて。のどやかなる日影に。
垣根の草もえいづるころより。やや春ふ
かく霞わたりて。花もやうやうけしき
だつほどこそあれ。おりしも雨風うち
つづきて。こころあはたたしくちり過
ぬ。青葉になり行までよろづにただ心/w1-15l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0015.jpg

をのみぞなやます。花たちばなは名に
こそおへれ。なを梅ににほひにぞいにし
への事も立かへりこひしうおもひ
いでらるる。山吹のきよげに。藤のおぼ
つかなきさましたる。すべて。思ひすてが
たきことおほし。灌仏の比。祭の比。若
葉の梢凉しげに茂りゆくほどこそ世
のあはれも。人の恋しさもまされと。人
のおおせられしこそげにさる物なれ。
五月あやめふく比。早苗とるころ。水鶏/w1-16r
のたたくなど心ぼそからぬかは。六月の比
あやしき家にゆふがほの白見えて。
蚊遣火ふすぶるもあはれ也。六月祓
又おかし。七夕まつるこそなまめかし
けれやうやう夜寒になるほど。厂な
きてくるころ。萩の下葉色づくほど。わ
さ田かりほすなどとりあつめたる事は
秋のみぞおほかる。又野分のあしたこそ
おかしけれ。いひつづくれば。みな源氏
物語枕草子などにことふりにたれ/w1-16l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0016.jpg

と。おなじ事又今さらにいはじと
にもあらず。おぼしき事いはぬははらふ
くるるわざなれば。筆にまかせつつあぢき
なきすさひにて。かつやりすつべき物な
れば。人の見るべきにもあらず。さて冬枯
のけしきこそ。秋にはおさおさをとる
まじけれ。汀の草に紅葉のちりとど
まりて霜いとしろふをける朝やり
水より烟のたつこそおかしけれ。年
の暮はてて人ごとにいそぎあへる比ぞ。/w1-17r
又なくあはれなる。すさまじきものに
して見る人もなき月のさむけくす
める廿日あまりのそらこそ。心ぼそき物
なれ。御仏名。荷前の使たつなどぞ哀に
やんごとなき。公事どもしけく。春
のいそぎにとりかさねてもよほしおこ
なはるるさまぞいみじきや。追儺より
四方拝につづくこそ。面白けれ。つご
もりの夜。いたうくらきに松どもと
もして。夜半すぐるまで人の門たたき/w1-17l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0017.jpg

走りありきて。何事にかあらんことこと
しくののしりて。あしをそらにまどふ
が。暁かたよりさすがに音なく成ぬる
こそ。年のなこりも心ぼそけれ。なき人
のくる夜とて玉まつるわざは此比都には
なきを。あづまのかたには。なをする事
にて有しこそあはれなりしか。
かくて明ゆく空の気色昨日にかはり
たりとはみえねど。ひきかへめづらしき
ここちぞする。大路のさままつ立わた/w1-18r
して。花やかにうれしけなる
こそ。またあはれなれ/w1-18l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0018.jpg

text/turezure/k_tsurezure019.txt.txt · 最終更新: 2018/06/09 13:59 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa