Recent changes RSS feed

徒然草

第18段 人はおのれをつづまやかにし奢りを退けて・・・

校訂本文

人は、おのれをつづまやかにし、奢(おご)りを退けて、財(たから)を持たず、世をむさぼらざらんぞ、いみじかるべき。昔より、賢き人の富めるはまれなり。

唐土(もろこし)に許由といひつる人は、さらに身にしたがへる貯へもなくて、水をも手してささげて飲みけるを見て、なり瓢(ひさこ)といふ物を、人の得させたりければ、ある時、木の枝にかけたりけるが、風に吹かれて鳴りけるを、「かしかまし」とて捨てつ。また、手にむすびてぞ、水も飲みける。いかばかり、心のうち、凉しかりけん1)

孫晨は、冬月に衾(ふすま)なくて、藁一束ありけるを、夕べにはこれに臥し、朝には納めけり2)

唐土の人は、これをいみじと思へばこそ、記し留めて、世にも伝へけめ。これらの人は、語りも伝ふべからず。

翻刻

人はをのれをつづまやかにし。おごりを
退けて。財をもたず世をむさぼらざらん
ぞいみじかるべき。むかしよりかしこき
人のとめるはまれ也。唐土に許由といひ
つる人はさらに身にしたがへるたくはへも
なくて。水をも手してささげて飲
けるを見て。なりひさこといふ物を人の
えさせたりければ。有時木の枝にかけ/w1-14l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0014.jpg

たりけるが風にふかれてなりけるを。
かしかましとてすてつ。また手に
むすびてぞ水ものみける。いかばかり心の
うち凉しかりけん。孫晨は冬月に衾
なくて。藁一束ありけるを夕には是
にふし。朝にはおさめけり。もろこしの
人は。これをいみじとおもへばこそ。しる
しとどめて世にもつたへけめ。これら
の人は。かたりもつたふべからず/w1-15r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0015.jpg

text/turezure/k_tsurezure018.txt.txt · 最終更新: 2018/06/07 18:04 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa