Recent changes RSS feed

徒然草

第15段 いづくにもあれしばし旅立ちたるこそ目覚むる心地すれ・・・

校訂本文

いづくにもあれ、しばし旅立ちたるこそ、目覚むる心地すれ。

そのわたり、ここかしこ見歩(あり)き。田舎びたる所、山里などは、いと目慣れぬことのみぞ多かる。都へ便り求めて文やる。「そのこと、かのこと、便宜に、忘るな」などいひやるこそをかしけれ。

さやうの所にてこそ、よろづに心づかひせらるれ。持てる調度まで、よきはよく、能ある人、形よき人も、常(つね)よりはをかしとこそ見ゆれ。

寺・社などに、忍びてこもりたるもをかし。

翻刻

いづくにもあれ。しばし旅だちたるこそ
めさむる心ちすれ。そのわたり。ここかしこ
見ありき。ゐなかびたる所。山里などはいと
めなれぬ事のみぞおおかる。都へたより
もとめて文やる。その事かの事便宜/w1-13l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0013.jpg

にわするななどいひやるこそおかしけれ。
さやうの所にてこそ。萬に心づかひせら
るれ。もてる調度までよきはよく。
能ある人かたちよき人も。常よりは
おかしとこそ見ゆれ。寺社などにしのび
てこもりたるもをかし/w1-14r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0014.jpg

text/turezure/k_tsurezure015.txt.txt · 最終更新: 2018/06/06 01:17 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa