Recent changes RSS feed

徒然草

第14段 和歌こそなほをかしきものなれ・・・

校訂本文

和歌こそ、なほをかしきものなれ。

あやしのしづ・山がつのしわざも、言ひ出でつれば、おもしろく、怖しき猪(ゐのしし )も、「臥す猪(ゐ)の床(とこ)」と言へば、やさしくなりぬ。

このごろの歌は、一節(ひとふし)をかしく言ひかなへたりと見ゆるはあれど、古き歌どものやうに、いかにぞや、言葉の外に、あはれに気色(けしき)思ゆるはなし。

貫之1)が、「糸によるものならなくに」と言へるは、古今集2)の中の歌屑(うたくづ)とかや言ひ伝へたれど、今の世の人の詠みぬべきことがらとは見えず。その世の歌には、姿・言葉、このたぐひのみ多し。この歌にかぎりて、かく言ひ立てられたるも知りがたし。

源氏物語には、「物とはなしに」とぞ書ける。新古今3)には、「残る松さへ峰にさびしき」と言へる歌をぞ言ふなるは、まことに、少しくだけたる姿にもや見ゆらん。

されど、この歌も、衆議判の時、よろしきよし沙汰ありて、後にも、ことさらに感じ仰せ下されけるよし、家長が日記4)には書けり。

歌の道のみ、いにしへに変らぬなど言ふこともあれど、いさや、今も詠みあへる同じ詞・歌枕も、昔の人の詠めるは、さらに同じものにあらず。易く、素直にして、姿も清げに、あはれも深く見ゆ。

梁塵秘抄の郢曲(えいきょく)の言葉こそ、また、あはれなることは多かめれ。昔の人は、ただいかに言ひ捨てたることぐさも、みないみじく聞こゆるにや。

翻刻

和歌こそなをおかしき物なれ。あやし
のしづ山がつのしわざもいひ出つれば
おもしろく。をそろしき猪のしし
もふす猪の床といへばやさしくなりぬ。
この比の歌は一ふしおかしくいひかなへ
たりと見ゆるはあれど。ふるき哥どもの/w1-12r
やうにいかにそやことばの外に。あはれに
けしきおぼゆるはなし。貫之がいと
による物ならなくにといへるは。古今集
の中の。哥くづとかやいひつたへたれ
ど今の世の人のよみぬべきことがらとは
みえず。其世の歌には。すがた言葉此
たぐひのみおほし。此歌に限てかく
いひたてられたるもしりがたし。源氏
物語には物とはなしにとぞかける。
新古今にはのこる松さへ峯にさびし/w1-12l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0012.jpg

き。といへるうたをぞいふなるはまことに。す
こしくだけたるすがたにもや見ゆらん。
されどこのうたも。衆議判の時よろし
きよし沙汰ありて。後にも特更に
感じ仰下されけるよし。家長が日
記にはかけり。歌の道のみいにし
へにかはらぬなどいふ事もあれど。いさ
や今もよみあへるおなじ詞歌枕も。
むかしの人のよめるはさらに。おなじ物
にあらず。やすくすなほにして。/w1-13r
姿もきよげに。あはれもふかくみゆ。
梁塵秘抄の郢曲のこと葉こそ又。
あはれなる事はおほかめれ。昔の人は
ただいかにいひすてたることくさも。
皆いみじくきこゆるにや/w1-13l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0013.jpg

1)
紀貫之
2)
『古今和歌集』
3)
『新古今和歌集』
4)
『源家長日記』
text/turezure/k_tsurezure014.txt.txt · 最終更新: 2018/06/05 23:07 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa