ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure012.txt

徒然草

第12段 同じ心ならん人としめやかに物語して・・・

校訂本文

同じ心ならん人と、しめやかに物語して、をかしきことも、世のはかなきことも、うらなく言ひ慰まんこそ嬉しかるべきに、さる人あるまじければ、「つゆ違(たが)はざらん」と向ひ居たらんは、一人ある心地やせん。

互ひに言はんほどのことをば、「げに」と聞くかひあるものから、いささか違ふ所もあらん人こそ、「我はさやは思ふ」など、争ひ憎み、「さるから、さぞ」とも、うち語らはば、つれづれ慰まめと思へど、げには少しかこつかたも、われと等しからざらん人は、おほかたのよしなしごと言はんほどこそあらめ、まめやかの心の友には、はるかに隔たる所のありぬべきぞ、わびしきや。

翻刻

おなじ心ならん人としめやかに物語
して。おかしきことも世のはかなき事
も。うらなくいひなぐさまんこそうれ
しかるべきに。さる人有まじければ
露たがはざらんとむかひゐたらんは。
ひとりあるここちやせん。たがひにいはん
ほどの事をばげにと聞かひある物/w1-11r
から。いささかたがふ所もあらん人こそ
我はさやは思ふなどあらそひにくみ。さ
るからさぞともうちかたらはばつれづれ
なぐさまめとおもへど。げにはすこしか
こつかたも。我とひとしからざらん人は。
大方のよしなしごといはんほどこそ
あらめ。まめやかの心の友にははるかに
へだたる所の有ぬべきそわびしきや/w1-11l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0011.jpg



text/turezure/k_tsurezure012.txt.txt · 最終更新: 2018/06/02 16:32 (外部編集)