Recent changes RSS feed

徒然草

第11段 神無月のころ栗栖野といふ所を過ぎて・・・

校訂本文

神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里に尋ね入ること侍りしに、遥かなる苔の細道を踏み分けて、心細く住みなしたる庵あり。

木の葉に埋(うづ)もるる、懸樋(かけひ)のしづくならでは、つゆ音なふものなし。閼伽棚(あかだな)に、菊・紅葉(もみぢ)など折り散らしたる、さすがに住む人のあればなるべし。

「かくてもあられけるよ」と、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが、まはりを厳しく囲(かこ)ひたりしこそ、すこしことさめて、「この木、無からましかば」と思えしか。

翻刻

神无月の比。栗栖野といふ所を過て
ある山里にたづね入事侍しに。遥
なる苔のほそ道をふみわけて心ぼそ
くすみなしたる庵あり。木の葉に
うづもるるかけ樋のしづくならでは。露
をとなふ物なし。閼伽棚に菊紅葉
など折ちらしたる。さすがにすむ人
のあればなるべし。かくてもあられける
よとあはれに見るほどに。かなたの庭に
おほきなる柑子の木の枝もたわわ/w1-10l

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0010.jpg

になりたるが。まはりをきびしくか
こひたりしこそ。すこしことさめて。
此木なからましかばとおほえしか/w1-11r

http://archive.wul.waseda.ac.jp/kosho/he10/he10_00934/he10_00934_0001/he10_00934_0001_p0011.jpg

text/turezure/k_tsurezure011.txt.txt · 最終更新: 2018/06/02 14:27 (外部編集)
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa