ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure010.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure010.txt [2018/05/26 18:40] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第10段 家居のつきづきしくあらまほしきこそ・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮(かり)の宿りとは思へど、興あるものなれ。
 +
 +良き人の、のどやかに住なしたる所は、さし入りたる月の色も、ひときはしみじみと見ゆるぞかし。今めかしく、きららかならねど、木立(こだち)もの古(ふ)りて、わざとならぬ庭の草も心あるさまに、簀子(すのこ)・透垣(すいがい)のたよりをかしく、うちある調度も昔覚(むかしおぼ)えて、やすらかなるこそ、心にくしと見ゆれ。
 +
 +多くの匠(たくみ)の、心を尽して磨き立て、唐の大和の、めづらしく、えならぬ調度ども並べ置き、前栽(せんざい)の草木まで、心のままならず作りなせるは、見る目も苦しく、いとわびし。「さてもやは、長らへ住むべき。また、時のまの煙(けぶり)ともなりなん」とぞ、うち見るより思はるる。おほかたは、家居にこそ、ことざまは推し量らるれ。
 +
 +後徳大寺大臣((藤原実定))の、「寝殿に鳶居させじ」とて、縄を張られたりけるを、西行が見て、「鳶の居たらんは、何かは苦しかるべき。この殿の御心、さばかりにこそ」とて、その後(のち)は参らざりけると聞き侍るに、綾小路宮((亀山天皇皇子性恵法親王))のおはします小坂殿の棟に、いつぞや縄を引かれたりしかば、かの例(ためし)思ひ出でられ侍りしに、まことや、「烏のむれ居て、池の蛙を捕りければ、御覧じ悲しませ給ひてなん」と人の語りしこそ、「さては、いみじくこそ」と覚えしか。
 +
 +徳大寺にも、いかなるゆゑか侍りけん。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  家居のつきづきしくあらまほし
 +  きこそかりのやどりとはおもへど。興有
 +  物なれ。よき人の。のどやかに住なし
 +  たる所は。さし入たる月の色も。一きは
 +  しみじみと見ゆるぞかし。いまめかし
 +  くきららかならねど。木だち物ふりて。
 +  わざとならぬ庭の草も心あるさまに。
 +  すのこすいかいのたよりおかしく。うち
 +  ある調度もむかし覚えてやすらか
 +  なるこそ心にくしと見ゆれ。おおくの/w1-9r
 +
 +  たくみの心をつくしてみがきたて。唐
 +  の大和のめづらしくえならぬ調度ど
 +  もならべをき。前栽の草木まで心の
 +  ままならず作りなせるは。見るめもくる
 +  しくいとわびし。さてもやはながらへ
 +  住べき。又時のまの烟ともなりなんとぞ
 +  うち見るよりおもはるる。大方は家居に
 +  こそことさまはをしはからるれ。後
 +  徳大寺大臣の寝殿に鳶ゐさせじ
 +  とて縄をはられたりけるを西行か見/w1-9l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0009.jpg
 +
 +  て。鳶のゐたらんは何かはくるしかる
 +  べき。此殿の御心さばかりにこそとてそのの
 +  ちはまいらざりけると聞侍るに。綾小路
 +  宮のおはします小坂どのの棟にいつぞ
 +  や縄をひかれたりしかば。かのためし
 +  思ひいでられ侍しに。誠や烏のむれ
 +  ゐて池のかへるをとりければ。御覧じか
 +  なしませ給てなんと人のかたりし
 +  こそ。さてはいみじくこそと覚えしか。
 +  徳大寺にもいかなるゆへか侍りけん/w1-10r
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0010.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure010.txt.txt · 最終更新: 2018/05/26 18:40 (外部編集)