ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:turezure:k_tsurezure008.txt

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:turezure:k_tsurezure008.txt [2018/05/26 12:40] (現在)
ライン 1: ライン 1:
 +徒然草
 +====== 第8段 世の人の心まどはすこと色欲にはしかず・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +世の人の心まどはすこと、色欲にはしかず。
 +
 +人の心はおろかなるものかな。匂ひなどは仮のものなるに、「しばらく衣裳に薫き物す」と知りながら、えならぬ匂ひには、必ず心どきめきするものなり。久米の仙人の、物洗ふ女の脛(はぎ)の白きを見て、通を失ひけんは((久米仙人。[[:​text:​k_konjaku:​k_konjaku11-24|『今昔物語集』11-24]]・[[:​text:​hosshinju:​h_hosshinju4-05|『発心集』4-5]]参照。))、まことに、手・足・肌(はだへ)などの清らに、肥えあぶらづきたらんは、ほかの色ならねば、さもあらんかし。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  世の人の心まどはす事色欲にはしかず。
 +  人の心はおろかなる物かな。にほひなどは
 +  かりのものなるにしばらく衣裳に
 +  薫物すとしりなから。えならぬにほひ
 +  には必こころどきめきする物也。久米の
 +  仙人の物あらふ女のはぎの白きを見て。通を
 +  うしなひけんは。誠に手あしはだ
 +  へなどのきよらに。肥あぶらづきたらんは。/w1-7l
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0007.jpg
 +
 +  外の色ならねばさもあらんかし/w1-8r
 +
 +http://​archive.wul.waseda.ac.jp/​kosho/​he10/​he10_00934/​he10_00934_0001/​he10_00934_0001_p0008.jpg
  


text/turezure/k_tsurezure008.txt.txt · 最終更新: 2018/05/26 12:40 (外部編集)