ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu4-07

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu4-07 [2019/09/21 16:48] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻4 7 明くれば鎌倉へ入るに極楽寺といふ寺へ参りて見れば・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu4-06|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu4-08|NEXT>>​]]
 +
 +明くれば鎌倉へ入るに、極楽寺といふ寺へ参りて見れば、僧の振舞ひ都に違(たが)はず、なつかしく覚えて見つつ、化粧坂(けはひざか)といふ山を越えて、鎌倉の方を見れば、東山(ひんがしやま)にて京(きやう)を見るには引き違(たが)へて、階(きざはし)などのやうに、重々(ぢゆうぢゆう)に袋の中に物を入れたるやうに住まひたる。「あなものわびし」と、やうやう見えて、心とどまりぬべき心地もせず。
 +
 +由比の浜といふ所へ出でて見れば、大きなる鳥居あり。若宮の御社(やしろ)はるかに見え給へば、「『他(た)の氏よりは』とかや誓ひ給ふなるに、契りありてこそさるべき家にと生まれけめに、いかなる報いならん」と思ふほどに、まことや、父の生所(しやうじよ)を祈誓申したりし折、「今生の果報に替ゆる」と承りしかば、恨み申すにてはなけれども、袖を広げんをも歎くべからず。また、小野小町も衣通姫(そとほりひめ)が流れといへども、簣(あじか)を肘(ひぢ)にかけ、蓑を腰に巻きても、身の果てはありしかども、「わればかり物思ふ((『伊勢物語』27段「わればかり物思ふ人はまたもあらじと思へば水の下にもありけり」。ただし、小野小町とは無関係。[[towazu4-05|4-05]]にも見られる。))」とや書き置きしなど思ひ続けても、まづ御社へ参りぬ。
 +
 +所のさまは男山(をとこやま)の景色よりも海見(うみみ)遥かしたるは見所ありとも言ひぬべし。大名ども、浄衣(しやうえ)などにはあらで、色々の直垂にて参り((「参り」は底本「まいる」))出づるも、やう変はりたる。
 +
 +[[towazu4-06|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP] ] [[towazu4-08|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  あくれはかまくらへいるに極楽寺といふてらへまいりてみれは
 +  そうのふるまひ都にたかはすなつかしくおほえてみつつけ
 +  はひさかといふ山をこえてかまくらのかたをみれはひんかし山
 +  にてきやうをみるにはひきたかへてきさはしなとのやうに
 +  ちうちうにふくろの中に物を入たるやうにすまひたるあな
 +  物わひしとやうやうみえて心ととまりぬへき心ちもせす
 +  ゆいのはまといふ所へいててみれは大きなるとりゐあり
 +  わか宮の御やしろはるかにみえ給へはたのうちよりはとかや/s171r k4-10
 +
 +  ちかひ給なるにちきりありてこそさるへきいへにとむまれ
 +  けめにいかなるむくひならんと思ふほとにまことやちちの生
 +  所をきせい申たりしをりこんしやうのくわほうにかゆると
 +  うけたまはりしかはうらみ申にてはなけれともそてをひろ
 +  けんをもなけくへからすまたをののこまちもそとをりひめ
 +  かなかれといへともあしかをひちにかけみのをこしにまき
 +  ても身のはてはありしかとも我はかり物おもふとやかき
 +  をきしなとおもひつつけてもまつ御やしろへまいりぬ所
 +  のさまはおとこ山のけしきよりもうみみはるかしたるは
 +  見ところありともいひぬへし大名ともしやうゑなと
 +  にはあらて色々のひたたれにてまいるいつるもやうかはり/s171l k4-11
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​171
 +
 +  たるかくてえかう二かいたう大みたうなといふ所ともをかみつつ/s172r k4-12
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​172
 +
 +[[towazu4-06|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu4-08|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu4-07.txt · 最終更新: 2019/09/21 16:48 by Satoshi Nakagawa