ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-32

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-32 [2019/09/07 20:28] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 32 またの年の睦月の末に大宮の院より文あり・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-31|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-33|NEXT>>​]]
 +
 +またの年の睦月の末に、大宮の院((後嵯峨院后))より文あり。「准后(ずこう)((北山准后。四条貞子。大宮院・東二条院母))の九十の御賀のこと、この春思ひ急ぐ。里住みもはるかになりぬるを、何か苦しからむ。打出(うちいで)の人数(ひとかず)にと思ふ。准后の御方に候へ」と仰せあり。「さるべき御事にては候へども、御所ざま悪しざまなる御気色にて里住みし候ふに((「候ふに」は底本「いかかに」。))、何の嬉しさにか、打出のみぎりに参り侍るべき」と申したるに((「申したるに」は底本「申さるに」。))、「すべて苦しかるまじき上、准后の御事は、ことさら幼くより、故大納言の典侍((作者母))といひ、その身といひ、他(た)に異ならざりしことなれば、かかる一期(いちご)の御大事見沙汰せん、何かは」など、御みづからさまざま承るを、さのみ申すもことあり顔なれば、参るべきよし申しぬ。
 +
 +籠りの日数は四百日に余るを、帰り参らんほどは代官(だいくわん)((「代願」と読む説もある。))を候はせて、西園寺((雪の曙・西園寺実兼))の承りにて、車など給はせたれば、いまは山賤(やまがつ)になり果てたる心地して、晴れ晴れしさもそぞろはしながら、紅梅の三つ衣(みつぎぬ)に桜萌黄(さくらもよぎ)の薄衣(うすぎぬ)重ねて、参りて見れば、思ひつるもしるく晴れ晴れしげなり。
 +
 +両院((後深草院・亀山院))・東二条院((後深草院中宮西園寺公子))、遊義門院((後深草院皇女姈子内親王))、いまだ姫宮にておはしませしも、かねて入らせ給ひけるなるべし。新陽明門院((亀山院后。近衛位子))も忍びて御行あり。如月の晦日(つごもり)のことなるべしとて、二十九日、行幸・行啓あり。まづ行幸、丑三つばかりになる。門の前に御輿をすゑて((「すゑて」は底本「さへて」。))神司(かんづかさ)、幣(ぬさ)を奉り、雅楽司(うたのつかさ)、楽を奏す。院司左衛門督((西園寺公衡))参りて、このよしを申して後、御輿を中門(ちゆうもん)へ寄す。二条の三位中将((二条兼基))、中門のうちより、剣璽(けんじ)の役勤むべきに、春宮行啓。まづ門の下まて筵道(えんだう)を敷く。設けの御所、奉行顕家((藤原顕家))・関白((鷹司兼平))・左大将((鷹司兼忠))・三位中将((二条兼基))など参り設く。傅(ふ)の大臣((二条師忠))、御車に参らる。
 +
 +[[towazu3-31|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-33|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  してこもりつつことしもくれぬ又のとしのむ月のすゑに
 +  大宮の院より文ありすこうの九十の御賀の事此はる/s148l k3-71
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​148
 +
 +  おもひいそくさとすみもはるかになりぬるをなにかくるしからむ
 +  うちいての人かすにとおもふすこうの御かたに候へとおほせ
 +  ありさるへき御事にては候へとも御所さまあしさまなる御け
 +  しきにてさとすみしいかかになにのうれしさにかうちいての
 +  みきりにまいり侍るへきと申さるにすへてくるしかるましき
 +  うへすこうの御事はことさらおさなくよりこ大納言のすけと
 +  いひその身といひたにことならさりし事なれはかかるいち
 +  この御大事見さたせん何かはなと御身つからさまさまうけ
 +  たまはるをさのみ申もことありかほなれはまいるへきよし
 +  申ぬこもりの日かすは四百日にあまるをかへりまいらんほとは
 +  たいくわんを候はせてさいをんしのうけたまはりにて車/s149r k3-72
 +
 +  なとたまはせたれはいまは山かつになりはてたる心ちして
 +  はれはれしさもそそろはしなからこうはいの三きぬにさくら
 +  もよきのうすきぬかさねてまいりてみれはおもひつるもしるく
 +  はれはれしけなり両院東二条院ゆうき門院いまたひめ
 +  宮にてをはしませしもかねて入せ給けるなるへし新やう
 +  めい門ゐんもしのひて御かうありきさらきのつこもりのこと
 +  なるへしとて廿九日行幸行啓ありまつ行かううし三
 +  はかりになるもんのまへに御こしをさへて神つかさぬさをたて
 +  まつりうたのつかさかくをそうす院司左衛門督まいりて此
 +  よしを申てのち御こしを中もんへよす二条の三位中将中門の
 +  うちよりけんしのやくつとむへきに春宮行啓まつもん/s149l k3-73
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​149
 +
 +  の下まてゑんたうをしくまうけの御所ふきやうあき
 +  いゑ関白左大将三位中将なとまいりまうくふ(傅)の大臣御車
 +  にまいらるその日になりぬれは御所のしつらひみなみおもて/s150r k3-74
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​150
 +
 +[[towazu3-31|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-33|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-32.txt · 最終更新: 2019/09/07 20:28 by Satoshi Nakagawa