ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-30

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-30 [2019/09/03 17:10] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 30 今はこの世には残る思ひもあるべきにあらねば・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-29|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-31|NEXT>>​]]
 +
 +今はこの世には残る思ひもあるべきにあらねば、「三界の家を出でて、解脱の門(かど)に入れ給へ」と申すに、今年は有明((有明の月))の三年(みとせ)に当たり給へば、東山の聖のもとにて七日法華講讃を五種の行に行なはせ奉るに、昼は聴聞に参り、夜は祇園((八坂神社))へ参りなどして、結願には、露消え給ひし日なれば、ことさらうち添ゆる鐘も、涙もよほす心地して、
 +
 +  折々の鐘の響きに音を添へて何と憂き世になほ残るらん
 +
 +[[towazu3-29|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-31|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  七日のさんろうはてぬれはやかてきをんにまいりぬいまはこの
 +  世にはのこるおもひもあるへきにあらねは三かいのいゑをいてて
 +  けたつのかとに入給へと申にことしはあり明の三とせにあ
 +  たりたまへは東山のひしりのもとにて七日法花かう/s147r k3-68
 +
 +  さんを五しゆのきやうにをこなはせたてまつるにひるはち
 +  やうもんにまいり夜はきをんへまいりなとしてけちくわん
 +  には露きえたまひし日なれはことさらうちそゆるかねもなみた
 +  もよほす心ちして
 +    おりおりのかねのひひきに音をそへて何とうき世に猶のこるらん/s147l k3-69
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​147
 +
 +[[towazu3-29|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-31|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-30.txt · 最終更新: 2019/09/03 17:10 by Satoshi Nakagawa