ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-27

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-27 [2019/09/02 23:02] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 27 今年は元三に候ふにつけてもあはれなることのみ数知らず・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-26|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-28|NEXT>>​]]
 +
 +今年は元三に候ふにつけても、あはれなることのみ数知らず、何事を悪しとも承ることはなけれども、何とやらむ、御心の隔てある心地すれば、世の中もいとど物憂く心細きに、今は昔とも言ひぬべき人((雪の曙・西園寺実兼))のみぞ、「恨みは末も((『千載和歌集』恋四 俊恵「思ひかねなほ恋路にぞ帰りぬる恨みは末も通らざりけり」))」とて、絶えず言問ふ人にてはありける。
 +
 +[[towazu3-26|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-28|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  神無月のはしめつかたより又さし出つつ年もかへりぬことし
 +  はくわん三に候につけてもあはれなる事のみかすしらす
 +  何事をあしともうけ給はることはなけれともなにとや
 +  らむ御こころのへたてある心地すれは世の中もいとと
 +  物うく心ほそきにいまはむかしともいひぬへき人のみそ恨/s143l k3-61
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​143
 +
 +  はすゑもとてたえすこととふ人にてはありけるきさらきの/s144r k3-62
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​144
 +
 +[[towazu3-26|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-28|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-27.txt · 最終更新: 2019/09/02 23:02 by Satoshi Nakagawa