ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-26

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-26 [2019/09/01 02:52] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 26 このたびの有様はことに忍びたきままに・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-25|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-27|NEXT>>​]]
 +
 +このたびの有様は、ことに忍びたきままに、東山の辺(へん)にゆかりある人のもとにこもりゐたれども、とりわき訪(と)め来る人((「人」は底本「心」。))もなく、身を変へたる心地せしほどに、八月二十日のころ、その気色ありしかども、先のたびまては、忍ぶとすれども言問(ことと)ふ人もありしに、峰の鹿の音を友として明かし暮らすばかりにてあれども、ことなく男(をのこ)にてあるを見るにも、いかでかあはれならざらむ。
 +
 +「鴛鴦(をし)といふ鳥になると見つる(([[towazu3-19|3-19]]参照))」と聞きし夢のままなるも、「げにいいかなる事にか」と悲しく、「わが身こそ、二つにて母に別れ、面影をだにも知らぬことを悲しむに、これはまた、父に腹の中にて先立てぬるこそ、いかばかりか思はん」など思ひ続けて、傍ら去らず置きたるに、折節、乳(ち)など持ちたる人だになしとて、尋ねかねつつ、わがそばに臥せたるさへあはれなるに、この寝たる下のいたう濡れにければ、いたはしく、急ぎて((「急ぎて」は底本「いるゝて」))抱(いだ)きのけて、わが寝たる方に臥せしにこそ、げに深かりける心ざしも、初めて思ひ知れしか。
 +
 +しばしも手を放たんことは名残惜しくて、四十日あまりにや、みづからもてあつかひ侍りしに、山崎といふ所より、さりぬべき人を語らひ寄せて後も、ただ床(ゆか)を並べて臥せ侍りしかば、いとど御所((「御所」は底本「か所」))ざまのまじろひも物憂き心地して、冬にもなりぬるを、「さのみもいかに」と召しあれば、神無月の初めつかたよりまたさし出でつつ、年も返りぬ。
 +
 +[[towazu3-25|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-27|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  かくれにしははかりにことよせてまかりいてぬこのたひの
 +  ありさまはことにしのひたきままに東山のへむにゆかり
 +  ある人のもとにこもりゐたれともとりわきとめくる心も
 +  なく身をかへたる心地せしほとに八月廿日の比そのけしき/s142l k3-59
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​142
 +
 +  ありしかともさきのたひまてはしのふとすれともこととふ人
 +  もありしに峰のしかのねを友としてあかしくらすはかり
 +  にてあれともことなくをのこにてあるをみるにもいかてかあは
 +  れならさらむをしといふ鳥になると見つるとききし夢の
 +  ままなるもけにいいかなる事にかとかなしく我身こそ二にて
 +  ははにわかれおもかけをたにもしらぬことをかなしむにこれは
 +  またちちにはらの中にてさきたてぬるこそいかはかりかおも
 +  はんなとおもひつつけてかたはらさらすをきたるに
 +  おりふしちなともちたる人たになしとてたつねかねつつ
 +  我そはにふせたるさへあはれなるにこのねたる下のいた
 +  うぬれにけれはいたはしくいるるていたきのけて我ねた/s143r k3-60
 +
 +  るかたにふせしにこそけにふかかりける心さしもはしめて
 +  おもひしれしかしはしも手をはなたんことは名こりおし
 +  くて四十日あまりにやみつからもてあつかひ侍しに山さき
 +  といふ所よりさりぬへき人をかたらひよせてのちもたたゆ
 +  かをならへてふせ侍しかはいととか所さまのましろひも物うき
 +  心ちして冬にもなりぬるをさのみもいかにとめしあれは
 +  神無月のはしめつかたより又さし出つつ年もかへりぬことし/s143l k3-61
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​143
 +
 +[[towazu3-25|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-27|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-26.txt · 最終更新: 2019/09/01 02:52 by Satoshi Nakagawa