ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-25

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-25 [2019/09/01 01:32] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 25 卯月の中の十日ごろにやさしたることとて召しあるも・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-24|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-26|NEXT>>​]]
 +
 +卯月の中の十日ごろにや、さしたることとて召しあるも、かたがた身もはばからはしく、物憂ければ、かかる病に取りこめられたるよし申したる御返事に、
 +
 +  「面影をさのみもいかが恋ひ渡る憂き世を出でし有明の月
 +
 +一方(ひとかた)ならぬ袖の暇(いとま)なさも推し量りて。古りぬる身には」など承るも、「ただ一筋に有明の御ことをかく思ひたるも心づきなしにや」など思ひたるほどに、さにはあらで、「亀山院の御位のころ、乳母子((作者乳母子の藤原仲頼。底本「めのと」。))にて侍りし者、六位に参りて、やがて御すべりに叙爵して、大夫将監(たいふのしやうげん)といふ者伺候したるが、道芝して、夜昼たぐひなき御心ざしにて、この御所ざまのことはかけ離れ行くべきあらましなり」と申さるることともありけり。いかでか知らん。
 +
 +心地も暇あれば、「いとどはばかりなきほどに」と思ひ立ちて、五月の始めつ方参りたれば、何とやらむ、仰せらるることもなく、また、さして例に変りたることはなけれども、心のうちばかりは物憂きやうにて明け暮るるもあぢきなけれども、水無月のころまで候ひしほどに、ゆかりある人の隠れにしはばかりにこと寄せて、まかり出でぬ。
 +
 +[[towazu3-24|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-26|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  なるや卯月の中の十日比にやさしたることとてめしある
 +  もかたかた身もははからはしくものうけれはかかるやまひ
 +  にとりこめられたるよし申したる御返事に
 +    おもかけをさのみもいかか恋わたるうき世を出し有明の月
 +  一かたならぬ袖のいとまなさもをしはかりてふりぬる身には
 +  なとうけたまはるもたた一すちに有明の御ことをかく
 +  おもひたるも心つきなしにやなとおもひたる程にさにはあら
 +  て亀山院の御位の比めのとにて侍しもの六位にまいりて
 +  やかて御すへりにしよしやくして大夫のしやうけんといふ
 +  ものしかうしたるかみちしはしてよるひるたくひなき/s142r k3-58
 +
 +  御心さしにてこの御所さまの事はかけはなれ行へきあら
 +  ましなりと申さるることともありけりいかてかしらん心ち
 +  もひまあれはいととははかりなき程にとおもひたちて
 +  五月のはしめつかたまいりたれは何とやらむおほせらるる
 +  こともなく又さしてれいにかはりたる事はなけれとも
 +  心のうちはかりはものうきやうにてあけくるるもあちきな
 +  けれともみな月の比まて候しほとにゆかりある人の
 +  かくれにしははかりにことよせてまかりいてぬこのたひの/s142l k3-59
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​142
 +
 +[[towazu3-24|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-26|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-25.txt · 最終更新: 2019/09/01 01:32 by Satoshi Nakagawa