ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-24

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-24 [2019/08/24 19:00] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 24 東の山住まひのほどにもかき絶え御訪れもなければ・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-23|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-25|NEXT>>​]]
 +
 +東(ひむがし)の山住まひのほどにも、かき絶え御訪れもなければ、「さればよ」と心細くて、「明日は都の方へ」など思ふに、よろづにすごきやうにて、四座(しざ)の講いしいしにて、聖たちも夜もすがら寝で明かす夜なれば、聴聞所に袖片敷きて、まどろみたる暁、ありしに変はらぬ面影にて、
 +
 +  「憂き世の夢は長き闇路(やみぢ)ぞ」
 +
 +とて、抱(いだ)きつき給ふと見て、おびたたしく大事に病み出だしつつ、心地もなきほどなれば、聖の方より、「今日はこれにてもこころみよかし」とあれども、車などしたためたるもわづらはしければ、都へ帰るに、清水の橋の西の橋のほどにて、夢の面影、うつつに車の中(うち)にぞ入らせ給ひたる心地して、絶え入りにけり。そばなる人、とかく見助けて、傅(めのと)が宿所へまかりぬるより、水をだに見入れず。
 +
 +限りのさまにて、弥生の空も半ば過ぐるほどになれば、ただにもあらぬさまなり。ありし暁より後は、心清く目を見かはしたる人だになければ、「疑ふべき方もなきことなりけり」と、憂かりける契りながら、人知れぬ契もなつかしき心地して、いつしか心もとなくゆかしきぞ、あながちなるや。
 +
 +[[towazu3-23|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-25|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  ひむかしの山すまゐのほとにもかきたえ御おとつれも
 +  なけれはされはよと心ほそくてあすはみやこのかたへなと
 +  おもふによろつにすこきやうにてしさのかういしいしにて
 +  ひしりたちもよもすからねてあかす夜なれはちやうもん
 +  所に袖かたしきてまとろみたるあかつきありしにかはらぬ
 +  おもかけにて
 +    うき世のゆめはなかきやみちそ/s141r k3-56
 +
 +  とていたきつきたまふとみておひたたしく大事にやみいたし
 +  つつ心地もなきほとなれはひしりのかたよりけふはこれ
 +  にても心みよかしとあれとも車なとしたためたるもわつら
 +  はしけれは宮こへかへるにきよみつのはしのにしの橋の
 +  ほとにて夢のおもかけうつつにくるまのうちにそいらせ
 +  給たる心地してたえ入にけりそはなる人とかくみたすけ
 +  てめのとかしゆく所へまかりぬるより水をたに見入す
 +  かきりのさまにてやよひのそらもなかはすくる程に
 +  なれはたたにもあらぬさまなりありしあかつきよりのちは
 +  心きよくめを見かはしたる人たになけれはうたかふへき
 +  かたもなきことなりけりとうかりける契なから人しれぬ契/s141l k3-57
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​141
 +
 +  もなつかしき心ちしていつしか心もとなくゆかしきそあなかち
 +  なるや卯月の中の十日比にやさしたることとてめしある/s142r k3-58
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​142
 +
 +[[towazu3-23|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-25|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-24.txt · 最終更新: 2019/08/24 19:00 by Satoshi Nakagawa