ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-23

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-23 [2019/08/24 13:02] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 23 改まる年ともいはぬ袖の涙に浮き沈みつつ正月十五日にや・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-22|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-24|NEXT>>​]]
 +
 +改まる年ともいはぬ袖の涙に浮き沈みつつ、正月十五日にや、御四十九日((有明の月の四十九日))なりしかば、ことさら頼みたる聖のもとへまかりて、布薩(ふさつ)のついでに、かの御心ざしありし金(かね)を少し取り分けて、諷誦(ふじゆ)の御布施に奉りし包み紙に、
 +
 +  このたびは待つ暁のしるべせよさても絶えぬる契りなりとも
 +
 +能説(のうぜつ)の聞こえある聖なればにや、ことさら聞く所ありしも、袖のひまなき中に、また有明の古事(ふるごと)ぞ、ことに耳に立ち侍りし。
 +
 +つくづくとこもりゐて、如月の十五日にもなりぬ。釈尊円寂の昔も、今日始めたることならねども、わが物思ふ折からは、ことに悲しくて、このほどは例の聖の室(むろ)に法華講讃(ほけかうさん)、彼岸より続きて、二七日ある折節も嬉しくて、日々に諷誦を参らせつるも、誰としあらはすべきならねば、「忘れぬ契り」とばかり書き続くるにつけても、いと悲し。
 +
 +今日、講讃((「講讃」は底本「かうさつ」))も結願なれば、例の諷誦の奥に、
 +
 +  月を待つ暁までのはるかさに今入りし日の影ぞ悲しき
 +
 +[[towazu3-22|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-24|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  のつみふかさもかなしくあむせられてとしも返ぬあら
 +  たまる年ともいはぬ袖の泪にうきしつみつつ正月十五日にや/s140r k3-54
 +
 +  御四十九日なりしかはことさらたのみたるひしりのもとへまかり
 +  てふさつのつゐてにかの御心さしありしかねをすこし
 +  とりわけてふしゆの御ふせにたてまつりしつつみかみに
 +    このたひはまつあか月のしるへせよさてもたえぬる契なりとも
 +  のうせつのきこえあるひしりなれはにやことさらきく所あ
 +  りしも袖のひまなき中にまたあり明のふることそことに
 +  みみにたち侍しつくつくとこもりゐてきさらきの十
 +  五日にもなりぬしやくそんゑんしやくのむかしもけふはしめ
 +  たることならねとも我物おもふおりからはことにかなしくてこの
 +  ほとはれいのひしりのむろにほけかうさんひかんより
 +  つつきて二七日あるおりふしもうれしくて日々に/s140l k3-55
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​140
 +
 +  ふしゆをまいらせつるもたれとしあらはすへきならねはわす
 +  れぬちきりとはかりかきつつくるに付てもいとかなし
 +  けふかうさつもけちくわんなれは例のふしゆのおくに
 +    月を待あかつきまてのはるかさにいま入日の影そかなしき/s141r k3-56
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​141
 +
 +[[towazu3-22|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-24|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-23.txt · 最終更新: 2019/08/24 13:02 by Satoshi Nakagawa