ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu3-07

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu3-07 [2019/08/05 21:55] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻3 7 そのころ真言の御談議といふこと始まりて・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu3-06|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-08|NEXT>>​]]
 +
 +そのころ、真言の御談議といふこと始まりて、人々に御尋ねなどありしついでに、御参りありて((有明の月の御参り))、四・五日御伺候あることあり。法文の御談議ども果てて、九献ちと参る。御陪膳(ばいぜん)に候ふに、「さても、広く尋ね深く学するにつきては、男女(をとこをんな)のことこそ罪なきことに侍れ。逃れがたからさらむ契りぞ、力なきことなり。されば、昔も例(ためし)多く侍り。浄蔵((底本「上さう」。ただし、以下説話の主人公は湛慶。[[:​text:​k_konjaku:​k_konjaku31-3|『今昔物語集』31-3]]参照。))といひし行者は、陸奥国(みちのくに)なる女に契りあることを聞き得て、害せんとせしかども、かなはでそれに落ちにき。染殿后((藤原明子。ただし、ここでは京極御息所と混同。))は、志賀寺の聖に、『われをいざなへ』とも言ひき。この思ひに耐へずして、青き鬼ともなり、望夫石といふ石(([[:​text:​kara:​m_kara012|『唐物語』12]]・[[:​text:​jikkinsho:​s_jikkinsho06-22|『十訓抄』6-22]]参照。))も恋ゆゑなれる姿なり。もしは、畜類・獣(けだもの)に契るも、みな善業の果たす所なり。人はしすべきにあらず((底本ママ。「人はたすべきにあらず」(角川文庫)・「人よくすべきにあらず」(集成)・「人ばしすべきにあらず」(新大系)などの解釈がある。))。」など仰せらるるも、われ一人聞き咎めらるる心地して、汗も涙も流れ添ふ心地するに、いたくことごとしからぬ式にて、誰もまかり出でぬ。
 +
 +有明の月も出でなんとし給ふを、「深き夜(よ)の静かなるにこそ、心のどかなる法文をも」など申して、とどめ参らせらるるが、何となくむつかしくて、御前を立ちぬ。その後(のち)の御言の葉は知らで、すべりぬ。
 +
 +夜中過ぐるほどに召しありて、参りたれば、「ありしあらましごとを、ついで作り出でて、よくこそ言ひ知らせたれ。いかなる父(たらちを)・母(たらちね)の心の闇と言ふとも、これほど心ざしあらじ」とて、まづうち涙ぐみ給へば、何と申しやるべき((「やるべき」は底本「やるるへき」。))言葉もなきに、まづ先立つ袖の涙ぞ抑へがたく侍りし。いつよりも細やかに語らひ給ひて、「さても、人の契り逃れがたきことなど、かねて申ししは、聞きしぞかし。その後、『さても、思ひかけぬ立ち聞きをして侍りし。さだめて憚り思し召すらむとは思へども、命をかけて誓ひてしことなれば、かたみに隔てあるべきことならず。なべて世に漏れむことは、うたてあるべき御身なり。忍びがたき御思ひ、前業(ぜんごふ)の感ずる所と思へば、つゆいかにと思ひ奉ることなし。過ぎぬる春のころより、ただには侍らず見ゆるにつけて、ありし夢(([[towazu3-04|3-4]]参照))のこと、ただのことならず思えて、御契りのほどもゆかしく、見しむば玉の夢をも思ひ合はせむために、弥生になるまで待ち暮らして侍るも、なほざりならず推し量り給へ。かつは、伊勢・石清水・賀茂・春日、国を守る神々の擁護(おうご)に漏れ侍らん。御心の隔てあるべからず。かかればとて、われ、つゆも変る心なし』と申したれば、とばかりものも仰せられで、涙のひまなかりしを払ひ隠しつつ、『この仰せの上は、残りあるべきに侍らず。まことに前業の所感こそ口惜しく侍れ。かくまでの仰せ、今生一世の御恩にあらず。世々生々に忘れ奉るべきにあらず。かかる悪縁にあひける恨み忍びがたく、三年過ぎ行くに、思ひ絶えなんと思ふ念誦(ねんじゆ)・持経の祈念にも、これよりほかのこと侍らで、せめて思ひのあまりに誓ひを起こして、願書(ぐわんしよ)をかの人のもとへ送り遣はしなとせしかども、この心なほ止まずして、また巡り会ふ小車(をぐるま)の、憂しと思はぬ身を恨み侍るに、さやうにしるき節さへ侍るなれば、若宮を一所渡し参らせて、われは深き山にこもりゐて、濃き墨染の袂になりて侍らん。なほなほ年ごろの御心ざしも浅からざりつれども、この一節の嬉しさは、多生(たせん)の喜びにて侍る』とて、泣く泣くこそ立たれぬれ。深く思ひそめぬるさまも、げにあはれに覚えつるぞ」など、御物語あるを聞くにも、「『左右(ひだりみぎ)にも((『源氏物語』須磨「憂しとのみひとへにものは思ほえで左右にも濡るる袖かな」。[[towazu1-07|1-7]]に既出。))』とはかかることをや言はまし」と、涙はまづこぼれつつ。
 +
 +[[towazu3-06|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-08|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  もなしその比真言の御たんきといふ事はしまりて
 +  人々に御たつねなとありしつゐてに御まいりありて
 +  四五日御しこうあることありほうもんの御たんきともはてて
 +  九こんちとまいる御はいせんに候にさてもひろくたつねふかく
 +  かくするにつきてはおとこをんなのことこそつみなきことに/s121r k3-16
 +
 +  侍れのかれかたからさらむちきりそちからなきことなりされは
 +  むかしもためしおほく侍上さうといひし行者はみち
 +  の国なる女にちきりあることをききえてかいせんと
 +  せしかともかなはてそれにおちにきそめとののきさきは
 +  志賀寺のひしりに我をいさなへともいひきこのおもひに
 +  たえすしてあをき鬼ともなりはうふせきといふ石も
 +  こひゆへなれるすかたなりもしはちくるいけたものにちきる
 +  もみなせんこうのはたす所なり人はしすへきにあらす
 +  なとおほせらるるも我ひとりききとかめらるる心地してあせ
 +  もなみたもなかれそふ心地するにいたくことことしからぬしき
 +  にてたれもまかり出ぬあり明の月もいてなんとした/s121l k3-17
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​121
 +
 +  まふをふかきよのしつかなるにこそ心のとかなるほうもん
 +  をもなと申てととめまいらせらるるか何となくむつかしく
 +  て御まへをたちぬそののちの御ことの葉はしらてすへ
 +  りぬ夜中すくるほとにめしありてまいりたれはあり
 +  しあらましことをつゐてつくりいててよくこそいひしら
 +  せたれいかなるたらちをたらちねの心のやみといふとも
 +  これ程心さしあらしとてまつうちなみたくみ給へは
 +  何と申やるるへき言葉もなきにまつさきたつ袖の
 +  泪そをさへかたく侍しいつよりもこまやかにかたらひ給てさて
 +  も人のちきりのかれかたき事なとかねて申しはききしそ
 +  かしそののちさてもおもひかけぬたちききをして侍し/s122r k3-18
 +
 +  さためてははかりおほしめすらむとはおもへともいのちをかけ
 +  てちかひてし事なれはかたみにへたてあるへきことなら
 +  すなへて世にもれむことはうたてあるへき御身なりしのひかた
 +  き御おもひせんこうのかんする所とおもへは露いかにとおもひ
 +  たてまつることなしすきぬる春の比よりたたには侍らす見ゆる
 +  につけてありし夢の事たたのことならすおほえて
 +  御ちきりのほともゆかしく見しむは玉の夢をもおもひ
 +  あはせむためにやよひになるまて待くらして侍るもなを
 +  さりならすをしはかりたまへかつは伊勢いはし水かも春
 +  日国をまもる神々のをうこにもれ侍らん御心のへたて
 +  あるへからすかかれはとて我露もかはる心なしと申たれ/s122l k3-19
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​122
 +
 +  はとはかりものもおほせられてなみたのひまなかりしを
 +  はらひかくしつつこのおほせのうへはのこりあるへきに侍らす
 +  まことにせんこうのしよかんこそ口おしく侍れかくまての
 +  おほせこん生一世の御をんにあらす世々生々にわすれたて
 +  まつるへきにあらすかかるあくゑんにあひけるうらみしのひ
 +  かたく三年過行におもひたえなんとおもふねんしゆ
 +  持経のきねんにもこれより外のこと侍らてせめて思ひの
 +  あまりにちかひをおこしてくわんしよをかの人のもとへをくり
 +  つかはしなとせしかともこの心猶やますして又めくりあふ
 +  をくるまのうしとおもはぬ身をうらみ侍にさやうにしるき
 +  ふしさへ侍なれはわか宮を一所わたしまいらせて我は/s123r k3-20
 +
 +  ふかき山にこもりゐてこきすみそめのたもとに成て
 +  侍らんなをなをとしころの御心さしもあさからさりつれとも
 +  この一ふしのうれしさはたせんのよろこひにて侍とて
 +  なくなくこそたたれぬれふかくおもひそめぬるさまもけに哀
 +  におほえつるそなと御物かたりあるをきくにも左右にもとは
 +  かかることをやいはましとなみたは先こほれつつさてもこと/s123l k3-21
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​123
 +
 +[[towazu3-06|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu3-08|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu3-07.txt · 最終更新: 2019/08/05 21:55 by Satoshi Nakagawa