ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu2-32

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu2-32 [2019/07/13 14:54] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻2 32 さても中納言中将今様器量に侍る同じくはその秘事を・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu2-31|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu2-33|NEXT>>​]]
 +
 +「さても中納言中将((鷹司兼忠))、今様器量に侍る。同じくは、その秘事を御許され候へ」と申さる。「さうに及ばず。京の御所はむつかし。伏見((「伏見」は底本「ひ見」。))にて」と御約束あり。
 +
 +明後日(あさて)ばかりとて、にはかに御幸あり。披露なきことなれば、人あまたも参らず。供御は臨時の供御を召さる。台所の別当一人などにてありしやらん。あちこちの歩(あり)きいしいしに、姿もことのほかになえばみたりし折節なるに、「参るべし」とてあれば、兵部卿((四条隆親))も、ありしことの後は、いと申すこともなければ、何とすべきかたもなきやうに案じゐたるに、女郎花(をみなへし)の単襲(ひとへがさね)に、袖に秋の野を縫ひて、露置きたる赤色の唐衣(からぎぬ)重ねて、生絹(すずし)の小袖・袴など色々に、雪の曙の賜びたるぞ、いつよりも嬉しかりし。
 +
 +大殿((鷹司兼平))・前の殿((鷹司基忠))・中納言中将殿、この御所には、西園寺((雪の曙・西園寺実兼))・三条坊門((中院通頼))・師親((北畠師親))よりほかは人なし。「善勝寺((四条隆顕))、九条の宿所は近きほどなり。この御所には、はばかり申すべきやうなし」とて、たびたび申されしかども、「籠居の折節なれば、はばかりある」よしを申して参らざりしを、清長((菅原清長))をつかはして召しあれば、参る。思ひがけぬ白拍子(しらびやうし)を二人、召し具せられたりける、誰かは知らん。
 +
 +下(しも)の御所の広所(ひろどころ)にて御事(おんこと)はあり。上の御所の方に、車ながら置かる。ことども始まりて、案内を申さる。興に入らせ給ひて召さる。姉妹(おととい)と言ふ。姉二十余り、蘇芳(すわう)の単襲(ひとへがさね)に袴、妹(おとと)は女郎花(をみなへし)、素地(すぢ)の水干に萩を袖に縫ひたる大口を着たり。姉は春菊、妹若菊と言ひき。白拍子、少々申して、立ち姿御覧ぜられんといふ御気色あり。「鼓打ちを用意せず」と申す。
 +
 +そのわたりにて、鼓を尋ねて、善勝寺これを打つ。まづ若菊舞ふ。その後、「姉を」と御気色あり。捨てて久しくなりぬるよし、たびたび辞退申ししを、ねんごろに仰せありて、袴の上に妹が水干を着て舞ひたりし、異様(ことやう)におもしろく侍りき。「いたく短かからず」とて、祝言(しゆげむ)の白拍子をぞ舞ひ侍りし。
 +
 +御所、如法酔(ゑ)はせおはしまして後、夜更けて、やがて出だされぬ。それも知らせおはしまさず。人々は、今宵はみな御伺候、明日一度に還御などいふ沙汰なり。
 +
 +[[towazu2-31|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu2-33|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  申させ給きさても中納言中将いまやうきりやうに侍る/s102l k2-75
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​102
 +
 +  おなしくはそのひしを御ゆるされ候へと申さるさうにおよ
 +  はす京の御所はむつかしひ見にてと御やくそくありあさて
 +  はかりとてにはかに御かうありひろうなき事なれは人
 +  あまたもまいらすく御はりんしのく御をめさるたい所の別
 +  当一人なとにて有しやらんあちこちのありきいしいしに
 +  すかたも事のほかになへはみたりしおりふしなるにまいる
 +  へしとてあれは兵部卿もありし事の後はいと申事も
 +  なけれはなにとすへきかたもなきやうにあむしゐたる
 +  にをみなへしのひとへかさねに袖に秋ののをぬいてつゆを
 +  きたるあか色のからきぬかさねてすすしの小袖はかまなと
 +  色々に雪のあけほののたひたるそいつよりも/s103r k2-76
 +
 +  うれしかりし大殿さきの殿中納言中将殿この御所には
 +  さいおんし三条はうもんもろちかより外は人なしせんせう
 +  寺九条のしゆく所はちかきほとなりこの御所にははは
 +  かり申へきやうなしとてたひたひ申されしかともろう
 +  きよのおりふしなれはははかりあるよしを申てまいらさり
 +  しをきよなかをつかはしてめしあれはまいるおもひかけぬ
 +  しらひやうしを二人めしくせられたりけるたれかはしらん下
 +  の御所のひろ所にて御ことはありうへの御所のかたに
 +  車なからをかる事ともはしまりてあむないを申さる
 +  けうにいらせ給てめさるおとといといふあね廿あまりすわう
 +  のひとへかさねにはかまおととはをみなへしすちのすいかんに/s103l k2-77
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​103
 +
 +  はきを袖にぬひたる大くちをきたりあねは春きくおとと
 +  わかきくといひきしらひやうしせうせう申てたちすかた御覧
 +  せられんといふ御気色ありつつみうちをよういせすと申
 +  そのわたりにてつつみをたつねてせんせうしこれをうつ
 +  まつわかきくまうそののちあねをと御気色ありすてて
 +  久しく成ぬるよしたひたひしたい申しをねんころに
 +  おほせ有てはかまのうへにおととかすいかんをきて
 +  まひたりしことやうにおもしろく侍きいたくみしか
 +  からすとてしゆけむのしらひやうしをそまひ侍し御所
 +  如法ゑはせおはしましてのち夜ふけてやかて出
 +  されぬそれもしらせおはしまさす人々はこよひは/s104r k2-78
 +
 +  みな御しこうあす一とに還御なといふさたなり御所/s104l k2-79
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​104
 +
 +[[towazu2-31|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu2-33|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu2-32.txt · 最終更新: 2019/07/13 14:54 by Satoshi Nakagawa