ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu2-11

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu2-11 [2019/05/28 23:43]
Satoshi Nakagawa 作成
text:towazu:towazu2-11 [2019/08/07 12:42] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 [[towazu2-10|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu2-12|NEXT>>​]] [[towazu2-10|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu2-12|NEXT>>​]]
  
-九月には御花、六条殿の御所の新しきにて、栄え栄えしきに、新院((亀山院))の御幸(ごかう)さへなりて、「女房たち、あいしに給はらん」など申させ給ふほどに、面々に心ことに出で立ち、ひしめきあはるれども、よろづ物思はしき心地のみして、常はひき入りがちにてのみ侍りしほどに、御花果てて、松取りに伏見の御所へ両院御幸なるに、「近衛大殿((鷹司兼平))も御参りあるべし」とてありしに、いかなる御障りにか、御参りなくて、御文あり。+九月には御花((長講堂の供花))、六条殿の御所の新しきにて、栄え栄えしきに、新院((亀山院))の御幸(ごかう)さへなりて、「女房たち、あいしに給はらん」など申させ給ふほどに、面々に心ことに出で立ち、ひしめきあはるれども、よろづ物思はしき心地のみして、常はひき入りがちにてのみ侍りしほどに、御花果てて、松取りに伏見の御所へ両院御幸なるに、「近衛大殿((鷹司兼平))も御参りあるべし」とてありしに、いかなる御障りにか、御参りなくて、御文あり。
  
   伏見山いく万代(よろづよ)か栄ふべき緑の小松今日をはじめに   伏見山いく万代(よろづよ)か栄ふべき緑の小松今日をはじめに


text/towazu/towazu2-11.txt · 最終更新: 2019/08/07 12:42 by Satoshi Nakagawa