ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu1-28

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:towazu:towazu1-28 [2019/04/05 11:28] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +とはずがたり
 +====== 巻1 28 勝倶胝院の真願房はゆかりある人なれば・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +[[towazu1-27|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu1-29|NEXT>>​]]
 +
 +勝倶胝院(せうくていゐん)の真願房は、ゆかりある人なれば、「まかりて法文をも聞きて」など思ひて侍れば、「煙(けぶり)をだにも((『後拾遺和歌集』冬 和泉式部「さびしさに煙をだにも絶たじとて柴折りくぶる冬の山里」))」とて、柴折りくべたる冬の住まひ、懸樋(かけひ)の水の訪れも途絶えがちなるに、年暮るる営みもあらぬさまなる急ぎにて過ぎ行くに、二十日あまりの月の出づるころ、いと忍びて御幸あり。網代車(あじろぐるま)のうちやつれ給へるものから、御車の後(しり)に善勝寺((四条隆顕))ぞ参りたる。
 +
 +「伏見の御所の御ほどなるが、ただ今しも思し召し出づることありて」と聞くも、「いつあらはれて」と思ゆるに、今宵はことさら細やかに語らひ給ひつつ、明け行く鐘に催されて、立ち出でさせおはします。
 +
 +有明は西に残り、東(ひむがし)の山の端にぞ横雲渡るに、むら消えたる雪の上に、また散りかかる花の白雪(しらゆき)も折り知り顔なるに、無紋の御直衣に同じ色の御指貫の御姿も、わが鈍(にぶ)める色にかよひて、あはれに悲しく見奉るに、暁の行ひに出づる尼どもの、何としも思ひ分かぬが、あやしげなる衣(ころも)に真袈裟(まげさ)なとやうのもの、気色はかり引き掛けて、「晨朝(じんでう)下(さが)り侍りぬ。誰(たれ)がし房は。何阿弥陀仏」など呼び歩(あり)くも、うらやましく見ゐたるに、北面の下臈どもも、みな鈍める((「鈍める」は底本「わぶめる」))狩衣にて、御車さし寄するを見付けて、今しもことあり顔に逃げ隠るる尼どももあるべし。
 +
 +「またよ」とて、出で給ひぬる御名残は、袖の涙に残り、うちかはし給へる御移り香は、わが衣手に染みかへる心地して、行ひの音をつくづくと聞き居たれば、「輪王、位高けれど、つひには三途((「三途」は底本「みつ」))に従ひぬ」といふ文(もん)を唱ふるさへ耳に付き、廻向(ゑかう)して果つるさへ名残惜しくて、明けぬれば文(ふみ)あり。「今朝の有明の名残は、わがまだ知らぬ心地して((『源氏物語』夕顔「いにしへもかくやは人のまどひけむわがまだ知らぬしののめの道」))」などあれば、御返しには、
 +
 +  君だにもならはさりける有明の面影残る袖をみせばや
 +
 +[[towazu1-27|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu1-29|NEXT>>​]]
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  いて侍ぬたいこのせうくてい院の真願房はゆかりある人
 +  なれはまかりて法文をもききてなと思て侍れはけふり/s37r k1-64
 +
 +  をたにもとてしはおりくへたる冬のすまゐかけひの水の
 +  をとつれもとたえかちなるにとしくるるいとなみもあらぬ
 +  さまなるいそきにてすき行に廿日あまりの月のいつるころ
 +  いとしのひて御幸ありあしろくるまのうちやつれ給へる
 +  物から御車のしりにせむ勝寺そまいりたるふしみの御所の
 +  御程なるかたたいましもおほしめしいつる事ありてときくも
 +  いつあらはれてとおほゆるにこよひはことさらこまやかにかた
 +  らひ給つつあけ行かねにもよほされてたち出させおはし
 +  ますあり明はにしにのこりひむかしの山の葉にそよこ雲
 +  わたるにむらきえたる雪のうへに又ちりかかる花のし
 +  ら雪もおりしりかほなるにむもんの御なをしにおなし色の/s37l k1-65
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​37
 +
 +  御さしぬきの御すかたも我にふめる色にかよひてあはれに
 +  かなしく見たてまつるにあかつきのをこなひに出るあまとも
 +  のなにとしも思わかぬかあやしけなるころもにまけさ
 +  なとやうの物けしきはかりひきかけてしんてうさかり侍ぬ
 +  たれかし房はなにあみた仏なとよひありくもうらやまし
 +  く見ゐたるに北面の下らうとももみなわふめるかり衣にて
 +  御くるまさしよするをみつけていましもことありかほににけ
 +  かくるるあまとももあるへし又よとていて給ぬる御なこりは
 +  袖の涙にのこりうちかはし給へる御うつりかはわか衣てに
 +  しみかへる心ちしてをこなひのをとをつくつくとききゐたれは
 +  りんわうくらゐたかけれとつゐにはみつにしたかひぬと/s38r k1-66
 +
 +  いふもんをとなふるさへみみにつきゑかうしてはつるさへ名
 +  こりおしくてあけぬれは文ありけさのあり明のなこ
 +  りはわかまたしらぬ心ちしてなとあれは御返には
 +   君たにもならはさりける有明のおもかけのこる袖をみせはや/s38l k1-67
 +
 +http://​kotenseki.nijl.ac.jp/​biblio/​100218515/​viewer/​38
 +
 +[[towazu1-27|<<​PREV]] [[index.html|『とはずがたり』TOP]] [[towazu1-29|NEXT>>​]]
  


text/towazu/towazu1-28.txt · 最終更新: 2019/04/05 11:28 by Satoshi Nakagawa