ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:towazu:towazu1-09

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:towazu:towazu1-09 [2019/03/18 21:13]
Satoshi Nakagawa [翻刻]
text:towazu:towazu1-09 [2019/09/03 15:14] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 16: ライン 16:
  われゆゑの思ひならねど小夜衣涙の聞けば濡るる袖かな  われゆゑの思ひならねど小夜衣涙の聞けば濡るる袖かな
  
-いくほどの日数も隔てて、このたびは常のやうにて参りたれども、何とやらむ、そぞろはしきやうなることもある上、いつしか人の物いひさがなさは、「大納言の秘蔵(ひさう)して、女御参りの儀式にもてなし参らせたる」など言ふ凶害(けうがい)ども出で来て、いつしか女院((東二条院・後深草院中宮藤原公子))の御方ざま、心よからぬ御気色(きそく)になりもて行くより、いとどものすさまじき心地しながら、まがよひゐたり。+いくほどの日数も隔てて、このたびは常のやうにて参りたれども、何とやらむ、そぞろはしきやうなることもある上、いつしか人の物いひさがなさは、「大納言の秘蔵(ひさう)して、女御参りの儀式にもてなし参らせたる」など言ふ凶害(けうがい)ども出で来て、いつしか女院((東二条院・後深草院中宮西園寺公子))の御方ざま、心よからぬ御気色(きそく)になりもて行くより、いとどものすさまじき心地しながら、まがよひゐたり。
  
 御夜離れと言ふべきにしあらねど、積もる日数もすさまじく、また参る人の出だし入れ((「入れ」は底本「いね」))も、人のやうに子細がましく申すべきならねば、その道芝をするにつけても、「世に従ふは憂き習ひかな」とのみ思えつつ、とにかくに、「またこのごろやしのばれん((『新古今和歌集』雑下 藤原清輔「長らへばまたこのごろやしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき」))」とのみ思えて、明け暮れつつ、秋にもなりぬ。 御夜離れと言ふべきにしあらねど、積もる日数もすさまじく、また参る人の出だし入れ((「入れ」は底本「いね」))も、人のやうに子細がましく申すべきならねば、その道芝をするにつけても、「世に従ふは憂き習ひかな」とのみ思えつつ、とにかくに、「またこのごろやしのばれん((『新古今和歌集』雑下 藤原清輔「長らへばまたこのごろやしのばれむ憂しと見し世ぞ今は恋しき」))」とのみ思えて、明け暮れつつ、秋にもなりぬ。


text/towazu/towazu1-09.txt · 最終更新: 2019/09/03 15:14 by Satoshi Nakagawa