ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:shaseki:ko_shaseki08b-13

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:shaseki:ko_shaseki08b-13 [2019/03/02 23:10]
Satoshi Nakagawa [巻8第13話(106) 執心の堅固なるによりて仏法臈る事]
text:shaseki:ko_shaseki08b-13 [2019/03/03 11:59] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 30: ライン 30:
 和州のある山寺法師、竹を愛して、惜しみ持つに、笋の時、われも食はず、人にも与へずして、病死して後、中陰に、弟子ども笋を取りて、「僧膳の菜(さい)の汁にせん」とて割りて見るに、黒虫多かりけり。師、妄念ゆゑに虫となりたるよし、夢に見えけるとなん言へり。 和州のある山寺法師、竹を愛して、惜しみ持つに、笋の時、われも食はず、人にも与へずして、病死して後、中陰に、弟子ども笋を取りて、「僧膳の菜(さい)の汁にせん」とて割りて見るに、黒虫多かりけり。師、妄念ゆゑに虫となりたるよし、夢に見えけるとなん言へり。
  
-昔も橘の木を愛して、蛇となりて、まとひけることあり。また、銭入れたるの中に、小蛇になりてあること、申す伝へたり。執心・妄念、恐るべし、恐るべし。流転生死の咎(とが)これなり。+昔も橘の木を愛して、蛇となりて、まとひけることあり。また、銭入れたるの中に、小蛇になりてあること、申す伝へたり。執心・妄念、恐るべし、恐るべし。流転生死の咎(とが)これなり。
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====


text/shaseki/ko_shaseki08b-13.txt · 最終更新: 2019/03/03 11:59 by Satoshi Nakagawa