ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:shaseki:ko_shaseki06b-14

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:shaseki:ko_shaseki06b-14 [2019/01/20 18:20]
Satoshi Nakagawa 作成
text:shaseki:ko_shaseki06b-14 [2020/06/20 23:37] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 4: ライン 4:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-鎌倉の故相州禅門((北条時頼))の中に、候(しこう)の女房ありけり。腹あしく、たてだてしかりけるが、ある時、成長の子息の同じくつかまつりけるを、いささかのことによりて、腹を立てて、打たんとしけるほどに、物にけつまづきて、いたく倒(たふ)れて、いよいよ腹をすゑかねて、禅門に、「子息それがし、わらはを打ちて侍り((「打ちて侍り」は底本「打ト侍」。諸本により訂正。))と訴へ申しければ、「不思議のことなり」とて、かの俗を召して、「まことに母を打ちたるにや。母、しかじか申すなり」と問はる、「まことに打ちて侍り」と申す。禅門、「かへすがへす奇怪なり。不当なり」と叱りて、所領を召し、流罪に定めにけり。+鎌倉の故相州禅門((北条時頼))の中に、候(しこう)の女房ありけり。腹あしく、たてだてしかりけるが、ある時、成長の子息の同じくつかまつりけるを、いささかのことによりて、腹を立てて、打たんとしけるほどに、物にけつまづきて、いたく倒(たふ)れて、いよいよ腹をすゑかねて、禅門に、「子息それがし、わらはを打ちて侍り((「打ちて侍り」は底本「打ト侍」。諸本により訂正。))と訴へ申しければ、「不思議のことなり」とて、かの俗を召して、「まことに母を打ちたるにや。母、しかじか申すなり」と問はる、「まことに打ちて侍り」と申す。禅門、「かへすがへす奇怪なり。不当なり」と叱りて、所領を召し、流罪に定めにけり。
  
 こと苦々しくなりける上、腹もやうやくゐて、あさましく思えければ、母、また禅門に申しけるは、「腹の立ちのままに、『この俗、われを打ちたり』と申し上げて侍りつれども、まことは、さること候はず。おとなげなく、かれを打たんとして、倒れて侍りつるねたさにこそ、申し候ひつれ。まめやかに御勘当候はんことは、あさましく候ふ。許させ給へ」とて、けしからずうち泣き申しければ、「さらば召せ」とて、召して子細を尋ねらる。 こと苦々しくなりける上、腹もやうやくゐて、あさましく思えければ、母、また禅門に申しけるは、「腹の立ちのままに、『この俗、われを打ちたり』と申し上げて侍りつれども、まことは、さること候はず。おとなげなく、かれを打たんとして、倒れて侍りつるねたさにこそ、申し候ひつれ。まめやかに御勘当候はんことは、あさましく候ふ。許させ給へ」とて、けしからずうち泣き申しければ、「さらば召せ」とて、召して子細を尋ねらる。
ライン 15: ライン 15:
  
     母之為忠孝有人事     母之為忠孝有人事
-  鎌倉ノ故相州禅門ノ中ニ候ノ女房有ケリ腹アシクタテ+  鎌倉ノ故相州禅門ノ中ニ候ノ女房有ケリ腹アシクタテ
   タテシカリケルカ或時成長ノ子息ノ同シクツカマツリケルヲイ   タテシカリケルカ或時成長ノ子息ノ同シクツカマツリケルヲイ
   ササカノ事ニヨリテ腹ヲ立テ打タントシケルホトニ物ニケツマツ   ササカノ事ニヨリテ腹ヲ立テ打タントシケルホトニ物ニケツマツ


text/shaseki/ko_shaseki06b-14.txt · 最終更新: 2020/06/20 23:37 by Satoshi Nakagawa