ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:shaseki:ko_shaseki05a-02

沙石集

巻5第2話(38) 円頓の学解の益の事

校訂本文

中古に碩学の聞こえありて、円頓の信解(しんげ)も深く、人師(にんし)・探題の位に上がれる山僧ありけり。他界の後、住所不審なりければ、弟子ども、ねんごろに祈請しけり。

夢に、先師、鬼神の形にて来たれり。思はずにあさましく思え、「円頓の教法をもてあそび給ひしかば、『浄土にも往生し、人天にも生じ給ひつらん』とこそ思ひ奉るに、いかなる御ことにか」と問へば、「わが信解する円頓の法は、これにあり」とて、握れる拳(こぶし)を開くを見れば、宝珠の光明赫奕(かくやく)として、世界を照らすあり。「この玉をもつて、身にすりぬれば、苦患やすまる」と言ふ。さて、この光に映じて、鬼形と見えつる形も透き通りて、天人のごとくにして、飛び去りぬ。

されば、戒緩(かいくわん)のゆゑに悪趣に落つといへども、乗急(じようきふ)ならば、智慧も悟りもあるべきにや。在世に竜神・夜叉等の仏会につらなりて得益せし、この類なるべし。戒急なりとも、止観定慧の修因無くば、人天の善処に生じて、仏道に入りがたかるべしと見えたり。舎衛の三億、見ず・聞かず・着楽の、諸天の知らず来たらざりし、この類なり。教の本意は、「乗戒ともに急にして、人天の身にて仏の出世にあひ、悟りを開け」と教へたり。

まことしき解行立たずして、三悪八難に入りなば、出離解脱まことにかたかるべし。されば、止観修行の方便、二十五あれども、持戒清浄を宗とす。遺教経には、「若無浄戒、諸善功徳皆不得生。(若し浄戒無くば、諸善功徳皆生ずることを得ず。)」と説きて、戒行欠けぬれば、一切の善生じがたしと見えたり。また、戒によりて定を得(え)、定によりて智恵を得るは、仏法の通用修行の漸次(ぜんじ)なり。

この学者は、円頓の観行なんどありけるにこそ。されども、執心ありて異趣に滞りけるにや。さりながら、出離は近くこそ思ゆれ。

翻刻

  円頓之学解之益事
中古ニ碩学ノ聞ヘアリテ円頓ノ信解モ深ク人師探題ノ位
ニアカレル山僧アリケリ他界ノ後チ住所不審ナリケレハ弟子
共ネンコロニ祈請シケリ夢ニ先師鬼神ノ形ニテ来レリ思ハス
ニ浅猿ク覚ヘ円頓ノ教法ヲ翫ヒ給シカハ浄土ニモ往生シ人
天ニモ生シ給ヒツラントコソ思奉ルニ何ナル御事ニカト問ヘハ/k5-159l

https://rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/item/rb00012949#?c=0&m=0&s=0&cv=158&r=0&xywh=-1200%2C400%2C5841%2C3451

我カ信解スル円頓ノ法ハ是ニ有トテニキレル拳ヲ開クヲ見レ
ハ宝珠ノ光明赫奕トシテ世界ヲ照スアリ此玉ヲ以テ身ニスリ
ヌレハ苦患ヤスマルトイフサテ此光ニ映シテ鬼形ト見ヘツル形モ
スキトヲリテ天人ノコトクニシテ飛去ヌサレハ戒緩ノ故ニ悪趣ニ
オツトイヘトモ乗急ナラハ智慧モ悟モアルヘキニヤ在世ニ龍神
夜叉等ノ仏会ニ列テ得益セシコノ類ナルヘシ戒急ナリ共止
観定慧ノ修因無クハ人天ノ善処ニ生シテ仏道ニ入リカタカ
ルヘシト見ヘタリ舎衛ノ三億見ス聞ス著楽ノ諸天ノシラス
来ラサリシ此類ヒナリ教ノ本意ハ乗戒共ニ急ニシテ人天ノ身
ニテ仏ノ出世ニアヒ悟ヲ開ケト教タリ誠シキ解行タタスシテ三悪
八難ニ入ナハ出離解脱誠ニカタカルヘシサレハ止観修行
ノ方便二十五アレ共持戒清浄ヲ宗トス遺教経ニハ若無/k5-160r
浄戒諸善功徳皆不得生ト説テ戒行欠ケヌレハ一切ノ善
生シカタシト見ヘタリ又戒ニヨリテ定ヲヱ定ニヨリテ智恵ヲ得
ルハ仏法ノ通用修行ノ漸次也コノ学者ハ円頓ノ観行ナン
トアリケルニコソサレ共執心有テ異趣ニトトコホリケルニヤサリ
ナカラ出離ハ近クコソ覚ユレ/k5-160l

https://rmda.kulib.kyoto-u.ac.jp/item/rb00012949#?c=0&m=0&s=0&cv=159&r=0&xywh=-1579%2C870%2C4868%2C2876



text/shaseki/ko_shaseki05a-02.txt · 最終更新: 2018/12/06 12:29 by Satoshi Nakagawa