ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:shaseki:ko_shaseki02a-02

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:shaseki:ko_shaseki02a-02 [2018/07/25 12:36]
Satoshi Nakagawa 作成
text:shaseki:ko_shaseki02a-02 [2018/07/25 12:37] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 10: ライン 10:
 当時のことなり。末代なればとて、感応のむなしきことはあるべからず。文永の末のころにや。一説に弥陀((阿弥陀如来))と言へり。 当時のことなり。末代なればとて、感応のむなしきことはあるべからず。文永の末のころにや。一説に弥陀((阿弥陀如来))と言へり。
  
-尾張の国、熱田の社頭に、若き下種男(げすをとこ)、今年十一月十五日、にはかに両目ともに盲(めし)ひてけり。心憂く思えければ、神宮寺に参籠して、薬師如来に祈念す。+尾張の国、熱田((熱田神宮))の社頭に、若き下種男(げすをとこ)、今年十一月十五日、にはかに両目ともに盲(めし)ひてけり。心憂く思えければ、神宮寺に参籠して、薬師如来に祈念す。
  
 次の年、三月十五日夜、夢に一人の僧来たりて、「なんぢ、起きて目見開(あ)けよ、見開けよ」と仰せられければ、「目は盲て候ふ」と申せば、「ただ見開けよ」と仰せらると思ひて、見開けんとするほどに、やがて開きてけり。 次の年、三月十五日夜、夢に一人の僧来たりて、「なんぢ、起きて目見開(あ)けよ、見開けよ」と仰せられければ、「目は盲て候ふ」と申せば、「ただ見開けよ」と仰せらると思ひて、見開けんとするほどに、やがて開きてけり。


text/shaseki/ko_shaseki02a-02.txt · 最終更新: 2018/07/25 12:37 by Satoshi Nakagawa