ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:sesuisho:n_sesuisho6-073

醒睡笑 巻6 恋のみち

4 武士たる人若衆と知音せられけるをことの外に嫉み妬み・・・

校訂本文

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

武士たる人、若衆と知音(ちいん)せられけるを、ことの外に嫉(ねた)み妬(そね)み、ある時、上臈こらへかね、おもてへかけ出で言はるるやう、「やれ、そこな若衆めよ。もはやそのまま、これの家主になれ。あすから御台匙(おだいがひ)を渡さうぞ」と。

<<PREV 『醒睡笑』TOP NEXT>>

翻刻

一 武士たる人若衆と知音せられけるを事の外
  にねたみそねみある時上臈こらへかねおもてへ
  かけ出いはるるやうやれそこな若衆めよもは
  やそのままこれの家主になれあすからおたい/n6-36l
  かいをわたさうそと/n6-37r


text/sesuisho/n_sesuisho6-073.txt · 最終更新: 2022/05/12 12:40 by Satoshi Nakagawa