Recent changes RSS feed

撰集抄

巻9第11話(121) 覚英僧都事

校訂本文

そのかみ、陸奥国の方へさそらへまかりて侍りしに、信夫の郡葛の松原とて、人里遠く離れる所侍り。ひとへに山にもあらず、また、ひたぶる野ともいふべからず。いみじき丘と見えて、木草、よしありて茂り、清水、四方(よも)に流れ散れり。世をひそかにのがれて、この江のほとりに住みたきほどに見え侍り。

やうやく奥ざまにたづねいたりて侍るに、松の木の繁る下に、竹の笈(おひ)と麻の衣と残りて、その身はまかりぬと思ゆる所あり。いかなる人の跡ならん。まづ、悲しう思えて見るに、そばなる松の木を削りのけて、かく書きたり。

昔は応理円実の覚徒として1)、公家の梵筵に列(つらな)り、今は諸国流浪の乞食として、終身を葛の松原にとる。

  世の中の人には葛の松原と呼ばるる名こそうれしかりけれ

于時(ときに)、保元二年二月十七日、権少僧都覚英、生年2)四十一、申刻に終りぬ

と書かれたり。

この僧都は、後二条殿3)の御子、富家入道殿4)の御弟にていまそかりけり。

  花をのみおしみなれたるみよし野の木の間に落つる有明の月

といふ名歌詠み給へる人にこそ。

一乗院覚信大僧正の門弟にて住み給ひけるが、御年二十(はたち)あまりのころ、夜、にはかに発心して、さばかり寒きころおい、小袖脱ぎ捨て、一重なるものばかりにて、いづちとも人に知られで、まぎれ出で給ひにけり5)。その行く末を知り奉る人なかりければ、たづね奉るにも及ばで、この十箇廻あまり6)、むなしく年を送り給へりと、ほの承はり侍りき。はや、諸国流浪していまそかりけるが、この所にて終り給ひけるにこそ。かへすがへすあはれに思え侍り。

一寺に管主として、三千の禅徒にいつかれ給ふべき人の、名利の思ひを振り捨て、人には葛の松原と呼ばるる、なほ心にしめて、最後の時節を思え給ひけん、かたじけなきにはあらずや。『高僧伝』どもの昔の跡を聞く中にも、「またはけがさじ」の玄賓僧都のいにしへは、聞くも心の澄むぞかしな。この覚英の君は、なほたけありてぞ思え侍る。

世を捨つとならば、かくこそあらまほしく侍れ。あはれ、かなしかりける心かな。かりそめの名利につながれて、玄賓・覚英の心をよそにすることを。

翻刻

そのかみ陸奥国の方へさそらへまかりて侍しにしのふ
の郡くつの松はらとて人里遠くはなれる所侍り偏
に山にもあらす又ひたふる野ともいふへからすい
みしき岡と見えて木草よしありてしけり清水
よもになかれちれり世を窃に遁れて此江のほ/k299r
とりにすみたき程に見え侍りやうやく奥さまに
尋至りて侍に松の木の繁る下に竹の負と
あさの衣と残りて其身はまかりぬと覚所
ありいかなる人の跡ならん先悲ふ覚て見るに
そはなる松の木をけつりのけてかく書たり
昔は応理円実の覚徒して公家の梵筵
に列り今は諸国流浪の乞食として終身
をくつの松原にとる
  世の中の人にはくつの松はらと
  よはるる名こそうれしかりけれ/k299l
于時保元二年二月十七日権少僧都覚英□
年四十一申尅におはりぬとかかれたり此僧都
は後二条殿の御子冨家入道殿の御弟にて
いまそかりけり
  華をのみおしみなれたる三善野の
  木の間におつるあり明の月
といふ名哥よみ給へる人にこそ一乗院覚信大僧
正の門弟にてすみ給けるか御年はたちあまりの
比夜俄に発心してさはかりさむき比おひ小袖ぬき
すてひとへなる物はかりにていつち共人にしられて/k300r
まきれ出給ふにけりそのゆくすゑをしり奉る
人なかりけれは尋奉るにも及はて此十箇廻あ
まりて空く年を送り給へりとほの承はり侍り
きはや諸国流浪していまそかりけるか此所にて
終給けるにこそ返々哀に覚侍り一寺に管主
として三千の禅徒にいつかれ給へき人の名
利の思をふり捨て人にはくつの松原とよはるる
猶心にしめて最後の時節をおほえ給けんかたし
けなきにはあらすや高僧伝とものむかしの跡
をきく中にも又はけかさしの玄賓僧都の古は聞/k300l
も心のすむそかしな此覚英の君は猶たけあり
てそ覚侍る世をすつとならはかくこそあらまほしく
侍れあはれかなしかりける心かなかり初の名利に
つなかれて玄賓覚英の心をよそにする事を/k301r
1)
「覚徒として」は底本「覚徒して」。諸本により補う。
2)
底本「生」虫損。諸本により補う。
3)
藤原師通
4)
藤原忠実
5)
「給ひにけり」は底本「給ふにけり」。諸本により訂正。
6)
「あまり」は底本「あまりて」。諸本により「て」を削除。
text/senjusho/m_senjusho09-11.txt · 最終更新: 2016/10/30 19:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa