Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第34話(109) ※標題無し

校訂本文

昔、恵心の僧都1)といふ人いまそかりけり。智恵・さきら、並びなきのみにあらず、まことの月をも見て、四方(よも)の浮き雲、心の中にきやし給ふ人になんおはしけり。

しかれども、生ある者はかならず死する世のさがなれば、七旬にかたぶき給ひてのち、横川にて、御身のまかりけるに、胸の間に青蓮花三本侍りけり。かたじけなく侍り。

このこと、世に聞こえしかば、君2)より、かの蓮花を召されけるに、北嶺3)の衆徒、僉議して、参らすまじきよし、かたく申しければ、「さらでは一本を奉れ」と仰せ下さるる時、学徒、心ゆきて、一本を参らせけり。残り二本をば、文殊楼にこめ侍りぬ。

君のめされたりける蓮花は、御堂の御殿4)の、御門の外祖にていまそかりけるほどに、その御方へ伝はり侍りけるを、宇治殿5)の御世に、平等院の宝蔵に納められ侍り。

この蓮花を平等院の宝蔵にこめさせ給へりけるには、大殿、みゆきなり、諸卿、列に立ちて、舞楽侍りて、納めさせ給へり。ころは如月、中の十日のほどにて侍りければ、花、舞台の上に散りかかりて、「空に知られぬ雪か」と疑はれ、かざしの梅の袂にかかるに、「『二月の雪、衣に落つ』と作りけん、これならん」と思えて、おもしろく思え侍り。

翻刻

昔恵心の僧都と云人いまそかりけり智恵さ
きらならひなきのみにあらす実の月をも見
てよものうき雲心中にきやし給人になん
おはしけりしかれ共生ある物はかならす死する
世のさかなれは七旬にかたふき給て後横川に
て御身のまかりけるに胸の間に青蓮花三本
侍りけりかたしけなく侍り此こと世に聞えし
かは君より彼蓮花をめされけるに北嶺の/k263r
衆徒僉議してまいらすましきよしかたく申
けれはさらては一本を奉れと仰下さるる時学
徒心ゆきて一本をまいらせけり残二本をは文殊
楼にこめ侍りぬ君のめされたりける蓮花は
御室の御殿の御門の外祖にていまそかりける程
にその御方へ伝はり侍りけるを宇治殿の御世に
平等院の宝蔵に納められ侍り此蓮花を平
等院の宝蔵にこめさせ給へりけるには大殿み
ゆきなり諸卿列に立て舞楽侍りて納めさせ
給へり比はきさらき中の十日の程にて侍り/k263l
けれは花舞台の上にちりかかりて空にしられ
ぬ雪かとうたかはれかさしの梅の袂にかかるに
二月の雪衣に落と造りけん是ならんとお
ほえて面白く覚侍り/k264r
1)
源信
2)
後一条天皇
3)
比叡山延暦寺
4)
藤原道長。底本「御室の御殿」。諸本により訂正。
5)
藤原頼通
text/senjusho/m_senjusho08-34.txt · 最終更新: 2016/09/27 16:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa