Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第32話(107) ※前話のつづき

校訂本文

鳥羽院1)の御位のはじめに、御鞠遊びのありけるに、鞠を御前に出だされんずるありさまのことをば、侍従大納言成通2)の、その人にあたりていまそかりけるに、いかなる障(さは)りの侍りけるにや、日のたけぬるまで参り給はねば、帥大納言経信卿3)のはからひにて、松の枝に鞠を付けて出だされけるに、成通の卿、参り合ひ給ひて、「悪しとよ。御世のはじめの春の鞠をば、柳の枝にこそ」とて、付け直され侍り。

松はいつも緑にして、春をこむる色はせちに見えざむめり。柳は春の緑、何にもまさりたるなればなり。

そののち、はるかに年経て、成通六十(むそぢ)にかたぶき給ひて後、二条院4)の御世のはじめには、御鞠遊びの時、俊成中納言5)の、竹の枝に鞠を付けて出だされけり。侍従大納言、伝へ聞きて、「この人、父の俊忠の中納言6)にはまさりにけり」と、ほめ聞こえ給へり。

されば、かやうのことをば、問ひとぶらはで、いかにとしてか知り侍るべき。

翻刻

鳥羽院の御位の初に御鞠遊のありけるに鞠
を御前に出されんする有様のことをは侍従大納
言成通の其人にあたりていまそかりけるにいか
なるさはりの侍りけるにや日のたけぬるまてま
いり給はねは帥大納言経信卿計にて松の枝に
鞠をつけて出されけるに成通の卿まいり合給て
あしとよ御世の始のはるの鞠をは柳の枝にこ
そとてつけなをされ侍り松はいつもみとりに
して春をこむる色は切に見ゑざむめり柳は春
のみとり何にもまさりたるなれは也其後遥に/k261r
としへて成通六そちにかたふき給て後二条
院の御世の始には御鞠あそひの時俊成中納言
の竹の枝に鞠をつけて出されけり侍従大納言伝
聞て此人父の俊忠の中納言にはまさりにけりと
ほめ聞え給へりされはかやうのことをは問ひとふ
らはていかにとしてかしり侍へき鳥羽院かくれ/k261l
1)
鳥羽天皇
2)
藤原成通
3)
源経信
4)
二条天皇
5)
藤原俊成
6)
藤原俊忠。前話参照。
text/senjusho/m_senjusho08-32.txt · 最終更新: 2016/09/27 14:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa