Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第26話(101) 遍昭(歌)

校訂本文

昔、遍昭僧正の、上東門院1)へ参り給へりけるに、今夜は御所にさぶらひ給ふべきよし、馬内侍して仰せられけるに、遍昭、「さしてなすべきこと侍り」とて、「まかり出でん」と言ふを、中務、「いかにとよ、御前の野辺の女郎花(をみなへし)をば、見過ごさせ給ふべき」と、をかしきさまに聞こえければ、遍昭、

  女郎花多かる野辺にやどりせばあやなくあだの名をや立つべき

と詠み給ひて、すでに立たれけるに、馬内侍、とりあへず、

  花ゆゑもあだなる名をば流さじと聞けば袂(たもと)を引きもとどめず

と詠み侍りけり。遍昭の歌、馬内侍・女院、御簾のうちにて聞こし召して、たとへんかたなくめでたがり給ひけるとぞ。

「花ゆゑに、野をなほなつかしみ、一夜(ひとよ)して、あだなる名をば我に残さむ」といふことは、柿本なり。しかるに、「野辺(のべ)に住居(すまゐ)しなば、あやなくあだの名を立てんことの、胸いたく思ゆるほどの、情なき心にしあらば、われも引きとどめて、また、あだなる名をば残さじものを」と返し侍りけるにこそ。

翻刻

昔遍昭僧正の上東門院へ参り給へりけるに今
夜は御所にさふらひ給へきよし馬内侍して仰ら
れけるに遍昭さしてなすへきこと侍りとてまか
りいてんと云を中務いかにとよ御前の野辺の女郎
花をは見すこさせ給へきとおかしきさまに聞え
けれは遍昭
  をみなへしおほかる野辺にやとりせは
  あやなくあたの名をやたつへき
と読給てすてにたたれけるに馬内侍とりあへす/k253l
  花ゆへもあたなる名をはなかさしと
  きけはたもとをひきもととめす
とよみ侍りけり遍昭の哥馬内侍女院御簾の
うちにてきこしめしてたとへんかたなく目出かり
給けるとそ花故に野をなをなつかしみひとよし
てあたなる名をは我に残さむと云事は柿本な
りしかるにのへにすま居しなはあやなくあたの
名をたてん事の胸いたく覚る程の情なき心に
しあらは我もひきととめて又あたなるなをは
のこさし物をと返し侍りけるにこそ/k254r
1)
藤原彰子
text/senjusho/m_senjusho08-26.txt · 最終更新: 2016/09/19 23:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa