Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第19話(94) 実方(歌)

校訂本文

昔、殿上のおのこども、「花見む」とて、東山におはしたりけるに、にはかに心なき雨降りて、人々げにさはぎ給へりけるに、実方の中将1)、いとさはがず、木の本に立ち寄りて、

  桜がり雨は降りきぬ同じくは濡るとも花のかげにやどらん

と読みて、隠れ給はざりければ、花より漏り下る雨にさながら濡れて、装束しぼりかね侍り。このこと、興あるごとに、人々思ひあはれけり。

またの日、斉信の大納言2)、主上に、「かかるおもしろきことの侍りし」と奏せらるるに、行成3)、その時蔵人頭にておはしけるが、「歌はおもしろし、実方はをこなり」とのたまひてけり。

この言葉を実方も聞き給ひて、深く恨みをふくみ給ふぞと、聞こえ侍る。

翻刻

昔殿上のおのことも花見むとて東山におは
したりけるに俄心なき雨ふりて人々けにさは
き給へりけるに実方の中将いとさはかす木
の本に立寄て
  桜かり雨はふりきぬおなしくは
  ぬるとも花のかけにやとらん
と読てかくれ給はさりけれは花よりもりくたる
雨にさなからぬれて装束しほりかね侍り此事
有興ことに人々おもひあはれけりまたの/k247l
日斉信の大納言主上にかかる面白きことの侍しと
奏せらるるに行成その時蔵人頭にておはしける
か哥は面白し実方はをこなりとの給て
けり此詞を実方もきき給て深く恨をふくみ
給そと聞え侍る待賢門院かくれさせ給て/k248r
1)
藤原実方
2)
藤原斉信
3)
藤原行成
text/senjusho/m_senjusho08-19.txt · 最終更新: 2016/09/14 21:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa