Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第17話(92) 素性事(歌)

校訂本文

昔、素性法師といふ歌詠みの僧侍り。九重の外、大原といふ所に住み侍りけり。花に元亮し、紅葉に優遊すること、隠逸のごとくに侍り。

秋の夜のつれづれに長きに、寝(ね)もせられで、何となく涙ところせきげに侍りき。わくかたなくものあはれなる暁に、松虫の鳴き侍りければ、

  いま来んと誰頼めけむ秋の夜を明かしかねつつまつ虫の鳴く

また、枕の下に、きりぎりすの聞こえ侍りければ、

  きりぎりすいたくな鳴きそ秋の夜の長き思ひはわれぞまされる

と詠めりける。

「げに」と思えて、あはれに侍り。

翻刻

昔素性法師と云哥読の僧侍り九重の外大
原と云所にすみ侍りけり花に元亮し紅
葉に優遊する事隠逸の如くに侍り秋の
夜のつれつれになかきにねもせられてなに
となく泪ところせきけに侍りきわくかたなく/k246r
物哀なる暁に松虫のなき侍りけれは
  いまこんとたれたのめけむ秋の夜を
  あかしかねつつまつむしのなく
又枕の下にきりきりすの聞え侍りけれは
  きりきりすいたくななきそ秋の夜の
  なかきおもひはわれそまされる
と読りける実と覚てあはれに侍り/k246l
text/senjusho/m_senjusho08-17.txt · 最終更新: 2016/09/11 15:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa