Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第13話(88) 為頼卿(歌)

校訂本文

昔、為頼の中納言1)の、内へ参り給ひて、年ごろむつまじかりける人々のおはする方に、出でおはしけるほどに、いかなることの侍りけるにや、若き殿上人、中納言をうち見て、隠れ忍び給へりければ、中納言、うち涙ぐみて

  いづくにか身をば寄せまし世の中に老いをいとはぬ人しなければ

と詠みて立ち給ひにけり。涙の満つるまでに思ひ給へる、よく思ひ入れ給へりけるにこそ。

げに、年たけぬれば、心も変り、つきづきしくなるままに、人には2)いとはるるに侍り。不老門にのぞまねば、老ひをとどむるにあたはず。誰もまた老ひをいとへば、「さては、老ひぬる身をば、いづくにかおかん」と歎くに侍り。

されば、老人は老人を友としてこそ侍るべきに、それはまたむつかしくて、若き友にまじらまほしきことに侍るなり。

しかあれば、これも老苦の数にや侍るべき。

翻刻

昔為頼の中納言の内へまいり給て年比むつま
しかりける人々のおはする方にいておはし
ける程にいかなることの侍りけるにや若き殿
上人中納言をうち見てかくれ忍ひ給へりけ
れは中納言うちなみたくみて
  いつくにか身をはよせまし世の中に
  老をいとはぬ人しなけれは
とよみてたち給にけりなみたのみつるまて
に思給へるよく思入れ給へりけるにこそけに/k243r
年たけぬれは心もかはりつきつきしくなるままに
人々はいとはるるに侍り不老門にのそまねは
老をととむるにあたはす誰もまた老をいとへはさ
ては老ぬる身をはいつくにかおかんと歎くに
侍りされは老人は老人を友としてこそ侍へき
にそれは亦むつかしくてわかきともにましらま
ほしきことに侍るなりしかあれは是も老苦の
数にや侍へき/k243l
1)
藤原為頼
2)
(「人には」は底本「人々は」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho08-13.txt · 最終更新: 2016/09/11 11:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa