Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第12話(87) 行平事

校訂本文

昔、行平の中納言1)といふ人いまそかりける。身にあやまつこと侍りて、須磨の浦にうつされて、藻塩(もしほ)たれつつ、浦づたひし歩(あり)き侍りけるに、絵島の浦にて、かづきする海士(あま)の中に、よに心にとまる侍りけるに、たどり寄り給ひて、「いづくにや住ひする人にか」と尋ね給ふに、この海士、とりあへず

  白波の寄するなぎさに世を過ごす海士の子なれば宿(やど)もさだめず

と詠みて、まぎれぬ。

中納言、いとかなしう思えて、涙もかきあへ給はずとなん。

波のよる昼かづきして、月やどれとはぬれねども、心ありける袂かな。「波になみしく袖の上には、月を重ねてなれし面影、そのぬれぎぬをかたしきて、舟の中にて世を送る海士人の中にも、かかる情けあるたぐひも侍りけり」と思えて、ことにあはれに侍り。

歌、まことに優に侍り。

翻刻

昔行平の中納言と云人いまそかりける身に
あやまつこと侍りて須磨の浦に遷てもしほ
たれつつうらつたひしありき侍りけるに絵嶋の
浦にてかつきする海士の中によに心にとまる侍
りける舟たとりより給ていつくにや住する/k242r
人にかとたつね給ふに此海士取あへす
  しら浪のよするなきさに世をすこす
  あまの子なれはやともさためす
とよみてまきれぬ中納言いとかなしう覚て泪
もかきあへたまはすとなん波のよるひるかつき
して月やとれとはぬれねとも心有ける袂
哉波になみしく袖の上には月をかさねてなれ
し面影其ぬれきぬをかたしきて舟の中に
て世ををくるあま人の中にもかかるなさけ
あるたくひも侍りけりと覚て殊にあはれに/k242l
侍り哥実に優に侍り/k243r
1)
在原行平
text/senjusho/m_senjusho08-12.txt · 最終更新: 2016/09/10 21:28 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa