Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第7話(82) 楽天詩

校訂本文

昔、唐国の白楽天1)、言の素直過ぎたるによて、潯陽の江のほとりに遷(うつ)され侍りけるに、

  官途自此心長別

  世事従今口不言2)

と作り給へりければ、海竜、海の面に浮びて、涙を流して、大きなる声して、「あはれ、世の素直ならましかば」とて、波に入り侍りけり。

げにも、にごらぬ君にてましまさば、さこそ寵愛も侍るべきに、あまさへ左遷に行はれ侍ること、唐国も無下に心おとりしてこそ思え侍れ。

翻刻

昔唐国の白楽天言のすなをすきたるによて
尋陽の江のほとりに遷され侍りけるに官途
自此心長別世事従今日不言と作り給へ
りけれは海龍海の面にうかひて泪をなかして
大なる声してあはれ世のすなほならましかはとて
波に入侍りけりけにもにこらぬ君にてましまさ
はさこそ寵愛も侍へきにあまさへ左遷に行は/k237l
れ侍る事唐国も無下に心おとりしてこそ
覚侍れ/k238r
1)
白居易
2)
「口」は底本「日」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho08-07.txt · 最終更新: 2016/09/03 16:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa