Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第4話(79) 清慎公事

校訂本文

昔、延喜の御門1)の御位の時、清慎公2)、中納言にておはしけるを、左大将にあがり給ふべき宣旨の下り侍りけるに、

  隴山雲晴3)  李将軍之在家

  潁水浪閑4)  蔡征虜之末仕5)

と言ひて、大将を辞し申し給へりしぞ6)。ことに御感侍りて、大納言にならせ給ひて、一位を受け給へりける。

これも、今の名句を書き給はで、大将を辞し申されたらましかば、かくまで面目ほどこし給はじ。

翻刻

昔延喜の御門の御位の時清慎公中納言にてお
はしけるを左大将にあかり給へき宣旨の下り侍り
けるに
  瀧山雲晴    李将軍之在家
  頻水浪閑    蔡佂盧之末仕
と云て大将を辞し申給へかしそ殊に御感侍り
て大納言にならせ給て一位をうけ給へりける是
も今の名句をかき給はて大将を辞申された
らましかはかくまて面目ほとこし給はし/k235l
1)
醍醐天皇
2)
藤原実頼
3)
「隴」は底本「瀧」。『和漢朗詠集』等により訂正
4)
「潁」は底本「頻」。諸本により訂正。
5)
「征虜」は底本「佂盧」。諸本により訂正。
6)
「給へりしぞ」は底本「給へかしそ」。諸本により訂正
text/senjusho/m_senjusho08-04.txt · 最終更新: 2016/09/01 18:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa