Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第2話(77) 都良香詩(二首)

校訂本文

昔、宇多の御門1)の御ころ、都良香といふいみじき博士侍り。

卯月のころ、江州竹生島へ、人々いざなひつれて参れりけり。はるかに山の頂きに上りて、御社へいたりぬ。四方見えわたり、げにげにおもしろき所なり。

かかれば、都良香、

  三千世界眼前尽

と作りて詠ぜりけるに、神殿おびただしくゆるぎ動きて、ことに気高き御声にて、

  十二因縁心裏空

といふ御句の、人々の耳に、あざやかに聞こえ侍りける。かたじけなくぞ侍る。

げにげに、高き御山のはれる所なれば、「三千世界は眼の前に尽きぬ」といふも理(ことはり)に侍る。それに、十二因縁の心の裏(うち)に空(むな)しく侍らん、かへすがへすいみじく侍 り。げにも、「神ならずは、誰ばかりか、かかる句をは付け給はん」とぞ、思え侍るに、小野篁は、人王の御意を悦ばしめて、相公にいたり2)、都良香は明神の感歎にあづかる。能藝は、げにかたじけなくぞ侍る。

さても、都良香は、「十二因縁心裏空」といふ御詩を、日に三度唱へて、後世のつとに向けけるに、果してこの意を悟りて、終りをとりにけるも、ありがたく貴くぞ侍る。

翻刻

昔宇多の帝の御比都良香と云いみしき博士
侍り卯月の比江州竹生嶋へ人々いさなひつれて
まいれりけり遥に山のいたたきに上りて御/k233l
社へいたりぬ四方見えわたり実々面白き所な
りかかれは都良香三千世界眼前尽と造て
詠せりけるに神殿おひたたしくゆるきうこき
て殊けたかき御声にて十二因縁心裏空と云ふ御
句の人々の耳にあさやかに聞え侍りけるかたし
けなくそ侍る実々高き御山のはれる所なれは
三千世界は眼の前に尽ぬと云も理に侍るそれに
十二因縁の心の裏に空く侍らん返々いみしく侍
りけにも神ならすは誰はかりかかかる句をはつけ
給はんとそ覚侍るに小野篁は人王の御意を悦は/k234r
しめて相公にいたり都良香は明神の感歎にあ
つかる能藝はけにかたしけなくそ侍るさても
都良香は十二因縁心裏空云御詩を日に三度
となへて後世のつとに向けるにはたして此意
を悟りて終をとりにけるも有かたく貴くそ侍る/k234l
1)
宇多天皇
2)
前話参照。
text/senjusho/m_senjusho08-02.txt · 最終更新: 2016/08/30 23:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa