Recent changes RSS feed

撰集抄

巻8第1話(76) 篁任宰相事(詩)

校訂本文

昔、嵯峨天皇、西山の大井川のほとりに御所を立てさせおはしまして、嵯峨殿と申して、めでたくゆゆしく造り置かるるのみならず、山水・木立わりなくて、ことに心とどまるべきほどにぞ侍りける。

如月十日のころ、御門、はじめて行幸(みゆき)の侍りけるに、小野篁も供奉し侍りけるに、御門、篁を召されて、「御前の野辺の気色、ちと詩に作りて奉れ」と仰せのありけるに、篁とりあへず、

  紫塵嬾蕨人拳手 碧玉寒葦錐脱嚢

と作りて侍りければ、御門、しきりに御感ありて、宰相になされにけり。多くの人を越えて、その座につき給へりにけり。ゆゆしき面目なりけむぞかし。

篁逝去の後、大唐より、楽天1)の詩どもを送りけるに、

  蕨嬾(ものう)き人拳る手 蘆寒錐脱嚢

といふ詩侍り。意は少しも篁の詩にたがはず。詞はいささかあひかはれり。時の秀才の人々の申しけるは、「篁の句、なほめでたし」とぞ、讃め聞こえける。

げにげに、心・詞、ことにおもしろく侍り。蕨、紫色なれば、かがめり。かがめれば、嬾(ものうき)に似たり。これまた、手を拳(にぎ)るかと見えたり。「嬾(ものう)くするものかたぶく」といふ文は2)高野の大師3)の御詞(ことば)に侍り。碧玉の寒蘆、生ひ出でて侍れば、げにも、錐、嚢を脱するに似たり。紫塵に対する碧玉、嬾蕨にあへる寒葦、げにげにおもしろく侍り。

相公になし給へる君の御心ばへもめでたく、世を照らせる鏡の塵積らで、人の能芸をはかることくもり侍らぬ、いとありがたきことになん。されば、人を多く越えて宰相に列(つらなり)しに、誰かは一人としても、脣をかへす輩侍りし。

翻刻

  撰集抄第八
昔嵯峨天皇西山の大井河のほとりに御所を立
させおはしまして嵯峨殿と申てめてたくゆゆし
く造置かるるのみならす山水木立わりなくて
殊心ととまるへきほとにそ侍りけるきさらき
十日の比御門始てみゆきの侍りけるに小野篁
も供奉し侍りけるに御門篁をめされて御前の
野辺の気色ちと詩につくりて奉れと仰の有
けるに篁とりあへす紫塵嬾蕨人拳手碧玉寒
葦錐脱嚢と造て侍りけれは御門しきり/k232l
に御感有て宰相になされにけりおほくの人を越て
その座につき給へりにけりゆゆしき面目なりけ
むそかし篁逝去の後大唐より楽天の詩とも
を送りけるに蕨嬾き人拳る手蘆寒錐脱嚢
と云ふ詩侍り意はすこしも篁の詩にたかはす詞
はいささか相替れり時の秀才の人々の申けるは
篁の句なをめてたしとそほめきこえけるけにけに
心詞ことに面白く侍り蕨紫色なれはかかめりかか
めれは嬾に似たり是又手を拳るかとみえたり
嬾するものかたふくと云又は高野の大師の御詞/k233r
に侍り碧玉の寒蘆をひ出て侍れはけにも錐嚢
を脱に似たり紫塵に対する碧玉嬾蕨にあへる寒
葦実々面白く侍り相公になし給へる君の御
心はへも目出世を照せる鏡の塵つもらて人の能
藝をはかる事くもり侍らぬいと有かたきこと
になんされは人をおほく越て宰相に列しに誰
かは一人としても脣をかへす輩侍し/k233l
1)
白居易
2)
「文は」は底本「又は」。諸本により訂正。
3)
空海
text/senjusho/m_senjusho08-01.txt · 最終更新: 2016/08/29 13:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa