Recent changes RSS feed

撰集抄

巻7第13話(73) 鹿嶋明神事

校訂本文

治承のころ、常陸鹿島の明神1)に参り侍れば2)、御社は南向きに侍り。前は海、後ろは山に侍り。社、甍(いらか)を並べ、廻廊、軒をきしれり。潮だにさせば、御前の打ち板までは海になる。潮だにも引けば、砂にて三里に及べり。

南は海にて、際(きは)もなく侍れば、昼はみなれ棹さす3)船を見、夜は波に宿借る月を見き。北は山にて侍れば、杉むらおちかへり、鳴く子規(ほととぎす)の初音、いちはやく聞こえ、草むらに露をそゆる夜の鹿、暁叫ぶ猿の声、深山おろし、松の風4)、よにもの5)あはれに心すごく侍り。東西は野辺、色々の花は錦を覆へるに似たり。

さても、何よりもおもしろく侍りしは、御殿の上の桜の、七日を限る別れを告げて、庭を盛りとうつりて侍りしをりふし、潮満ちて、花、あそこに一むら、ここに一むら、渚々に入江入江にゆられありき侍し。

かねて、廻廊のうちにて、「入於御山思惟仏道」と貴き声にて読み侍りしが、やがて、読みさして、末ゆかしく思えりしに、巫女の皷打ちて、「思惟仏道の末をなほ聞かばや」と託宣侍りて、さまざまの事6)なんど侍しにこそ、「げに、神もおはしける」とは思えし。

その中に、「われ、去ぬる神護慶雲7)に、法相を守らんとて、三笠山に移りぬれど、この所をも捨てず、つねに守る」とぞ、御託宣は侍りし。

さても、潮の満つ時は、多くの鱗(いろくづ)、波にしたがひて、御前まで寄り、潮の引く時には、はるかに帰れば、日に三度、参り下向に似たり。されば、「結縁むなしからで、さだめて巨益にあづからん」と、あはれに侍り。

また、はるかに御社に引きのけて、御社侍り。いか川と申す眷属の神にしおはします。「天の下、もらさず守らん」と誓ひ給へり。

鶴、千里に飛ぶ、なほ地を離れず8)、鷲、雲にかける。いまだ天の外にあらざれば、いづれの鳥獣か、利益にもるる侍らん。かくのごとく、一子のごとくに思して、「われを救はん、かれを助けん」と思したる仏神、多くましませども、われら妄染の雲厚く覆ひて、心のはれぬほどに、仏神も利益のところのましまさぬに侍り。

あはれ、無下なりける心かな。惑障は対治のあるものを。さて、ゆるにて9)、昔の五戒を行く末なく、なりはてんことの心うさよ。いかにせん、いかにせん。

翻刻

治承の比常陸鹿嶋の明神に参侍れ御社は南
向に侍り前は海後は山に侍り社いらかをならへ
廻廊軒をきしれり塩たにさせは御前の打板/k220r
まては海になる塩たにも引けは砂にて三里に
及へり南は海にてきはもなく侍れは昼はみな
れ棹さす棹(イヤ歟)さす船をみ夜は波に宿かる月
をみき北は山にて侍れは椙村にをちかへり鳴子
規のはつ音いちはやく聞え草むらに露をそ
ゆる夜の鹿あかつきさけふさるの哀に心すこく
侍り東西は野辺色々の花は錦を覆へるに
似たりさても何よりも面白く侍りしは御殿の
上の桜の七日をかきる別をつけて庭をさかりと
うつりて侍し折ふし塩みちて花あそこに一村/k220l
ここに一村渚々に入江々々にゆられありき侍し
かねて廻廊のうちにて入於御山思惟仏道と貴
き声にてよみ侍しかやかてよみさして末ゆか
しく思へりしに巫女の皷うちて思惟仏道の
末をなを聞はやと詫宣侍りて様々のなんと
侍しにこそけに神もおはしけるとは覚し
其中に我去ぬる神護慶雲に法相を守らん
とて三笠山にうつりぬれと此所をも捨す常に
守るとそ御詫宣は侍しさても塩のみつときはお
ほくの鱗波に随て御前まてより塩の引とき/k221r
には遥に帰れは日に三度参下向に似たりされ
は結縁むなしからて定て巨益にあつからんと
哀に侍り又はるかに御社に引のけて御社侍り
いか川と申眷属の神にしおはします天の下
もらさす守らんと誓給へり鶴千里に飛な
を地を離れ鷲雲にかけるいまた天の外にあら
されは何れの鳥獣か利益にもるる侍らん如此一
子のことくにおほして我をすくはん彼を助けん
とおほしたる仏神おほくましませとも我等妄染
の雲厚く覆て心の晴ぬ程に仏神も利益之/k221l
処のましまさぬに侍りあはれ無下なりける心哉惑
障は対治のある物をさてゆる(ゆるさてイ)昔の五戒を行末
なく成はてん事の心うさよいかにせんいかにせん/k222r
1)
鹿島神宮
2)
底本「ば」なし。諸本により補う。
3)
底本「棹さす棹さす」で二つめの棹の右に「イヤ歟」とある。衍字とみて削除。
4)
嵯峨本・静嘉堂文庫本「深山おろし、松の風」、鈴鹿本・書陵部本「比良山おろし、波の音(声)」。
5)
底本「声、深山おろし」から、「よにもの」まで欠文。諸本により補う。ただし、
6)
底本「事」なし。諸本により補う。
7)
神護景雲
8)
底本「ず」なし。諸本により補う。
9)
底本「にて」なし。諸本により補う。底本、「ゆるさてイ」と傍書あり。
text/senjusho/m_senjusho07-13.txt · 最終更新: 2016/08/24 19:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa