Recent changes RSS feed

撰集抄

巻7第9話(69) 義量召仕法師事

校訂本文

昔、信濃国に、一条二郎義量といふ武士のもとへ、 つたなげなる僧の入り来て、「宮仕へつかふまつらん」と言ひければ、「それはいづくの者ぞ」と言ふに、「はるかの遠き所の者にて侍り。年ごろ、妻なりし者にあひかかりてなん過ぎ侍りつるが、はかなくみなしてし後は、何にかかりて命を継ぐべしともなきままに、乞食なんし侍り」と言ふを、家主あはれみて置きにけり。

されば、食ひ物は、一日に一合ばかり、ただ一度、午の中ばかりに食ひけるほかは、すべて何も食はず。人のあはれみて、良き物なんどを勧むれども、かつて食はずぞありける。ものをも言はで、心よく使はれければ、主(あるじ)も、またなきものに思へり。誰々もいとほしみ、「なつかしき心侍り」とて、情をかけけり。

一年あまり、この所にありけるが、いかなりけることの侍りけるにや、かき消すごとくに失せ侍りぬ。主をはじめて、ありとある人、「さも思はしかりつるものを」とて、泣き悲しみけれども、さらにかひなし。

さて、かの住みつる所を開けて見れば、まことにめでたき手跡にて、日日記をせし侍り。「何ごとぞ」と見れば、「いくいく、かの日は頭燃を払ふ思ひなして、念仏三百反申す1)」、また、「その日は戌の半より辰の半まで座禅しぬ」、次の日は不浄観、ある時は唯識観を修すなんどいふ。一筋に観法勤め2)の日記にて侍りける。これを見るに、いよいよかきくらさるる心地して、涙を流さぬ人は侍らざりけり。

誰といふ智者の、徳を隠して3)つぶねとなられけるやらむ。「あはれ、玄賓僧都にやいまそかるらん」と、昔の跡ゆかしくぞ侍る。

ものを多く食ひ給はぬさへ、思ひ入らるるふしの侍りけると、心うち澄みて貴くぞ侍る。はかりなきわづらひより4)出でくるものを、するわざもなくて食ひつつ、これに着して、厭離の心の侍らざらんは、まことに罪深かるべし。

さても、この人、何れの所にか、心澄ましておはすらん。ころほひは玄賓に相ひ当れど、「さだめてその人」とさだむることを得ず。あはれ、ゆかしかりける心かな。

翻刻

昔信濃国に一条二郎義量と云武士のもとへ
つたなけなる僧の入きて宮仕つかふまつらんと
いひけれはそれはいつくのものそといふに遥の遠
所の者にて侍り年比妻なりし者にあひかかり
てなんすき侍りつるかはかなくみなしてし後はなにに
かかりて命を継へしともなきままに乞食な
んし侍りと云を家主あはれみておきにけり/k213l
されはくひ物は一日に一合はかり只一度午中はかり
にくひける外はすへてなにもくはす人のあはれみ
てよき物なんとを勧むれともかつてくはすそあ
りける物をもいはて心よくつかはれけれはあるし
も又なきものにおもへり誰々もいとおしみなつ
かしき心侍りとて情をかけけり一年あまり此所
にありけるかいかなりける事の侍りけるにやかき
けすことくにうせ侍りぬあるしをはしめてあり
とある人さも思はしかりつる物をとて泣かなし
みけれとも更かひなしさてかの住つる所をあ/k214r
けてみれは誠に目出手跡にて日々記をせし侍り
何事そと見れはいくいくかの日は頭燃をはらふ思ひ
なして念仏三百反申み又其日は戌の半より辰の
半まて坐禅しぬ次日は不浄観或時は唯識観を
修すなんといふ一筋に観法勧の日記にて侍ける
是を見るに弥かきくらさるる心ちして泪をな
かさぬ人は侍らさりけり誰と云智者の徳を
なかしてつふねとなられけるやらむ哀玄賓僧
都にやいまそかるらんと昔の跡ゆかしくそ侍る
物をおほくくい給はぬさへおもひ入らるるふしの/k214l
侍りけると心うちすみて貴くそ侍るはかり
なき煩ひかり出くる物をするわさもなくてくひ
つつ是に着して厭離の心の侍らさらんは実に
罪ふかかるへしさても此人何所にか心すましておは
すらん比おひは玄賓に相当と定てその人と定
むる事をえすあはれ床敷かりける心かな長承の/k215r
1)
「申す」は底本「申み」。諸本、「申」「申ぬ」「申なり」などがあるが、「み」は衍字とみて訂正。
2)
「勤め」は底本「勧」。諸本により訂正。
3)
「隠して」は底本「なかして」。諸本により訂正。
4)
「より」は底本「かり」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho07-09.txt · 最終更新: 2016/08/20 12:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa