Recent changes RSS feed

撰集抄

巻7第2話(62) 経信卿花見(値僧連歌)

校訂本文

中ごろ、帥大納言経信卿1)、「西山の花見ん」とて、さるべき数寄人どもいざなひつれて、「大井川の千本の桜ながむ」とて、川のほとりに居て、水の面にただよひ、花の波におぼれ、藻屑(もくづ)にまじるわざをなん歎きて、心を痛ましめ、心なき嵐を恨みなんどして、日ぐらしながめ給へりけり。

筏に乗り、向かひの端(はた)に漕ぎ寄せて、おのおの下り立ち、峰によぢ、谷に下りて、遊びなんどし給ひけるに、ある木のもとに、齢五十ばかりなるが、帷(かたびら)一つをなん着たる僧の、禅定する侍り。

人々、見付けて、むらがり寄りて、「何ごとをし給ふ人ぞ。いづくの誰がしといへる人にか」なんど尋ねられけるに、つゆばかりの答(いら)へもせず。ややほど経て、まづ、「人々は、何とてこれには来り給ふにか」と言ふに、経信、答(こた)へられけるやうは、「われは、花を見に来れり」とのたまはすれば、この聖、「われもしかなり」と言ふ。「深く思ひ入りたる人ならん」と見えければ、「法文の、心のはるけぬべき、のたまはせよ」とあながちに責められて、「煩悩即菩提。生死即涅槃」といふ文をぞ誦し侍りける。

「さればこそとよ。只人には2)おはせざりけるに」とて、重ねて、この文の心なんど問ひ合はれければ、まことに日ごろの闇もはるばかり言ひければ、おのおの、やがて、「髻(もとどり)おろして、同行とやならまし」と思ゆるほどにぞ侍りける。

「さても、この山にこもり居て、一人、人にもけがされず、悟り給はんは、さることにて侍れども、自利利他心平等なるこそ菩薩の行には侍れば、京ざまに出で給ひて、人をも教化し給へかし」と、おのおの勧め給へども、つゆばかりだに、「さり」と思したる心侍らねば、この聖の名残惜しきままに、誰々も宿へ帰り給ふことも侍らで3)、さがしき山に浄衣をかたしきて、夜もすがら、法文をぞ問はれける。

夜明てのち、今はさのみあるべきわざならねば、この聖にも泣く泣く別れて、「また参らむ」なんど契りてのち、俊頼卿4)かく、

  なきてぞ帰る春のあけぼの

とのたまひたるに、この僧、やがて、

  またも来ん秋をたのむのかりだにも

と付けたるに、いよいよ思ひ増して帰りき。その後、たづね行きたりけるには、見え侍らずとなん。

まことにあはれなることかな。山に深く住みて、理事即一の悟り開きていまそかりけん心の中、清滝の流れは濁るとも、この人の心の底は、つゆばかりも濁らじと思えて、ゆかしく侍り。およそ、俗は即ち真なり。真はやがて事なれば、谷の水をむすび、峰の薪を取り、手を打ち、足をはたらかすも、仏法にこそ。なにはのことか法ならぬなんども、悟らぬ人の前に、真俗おほきに隔歴5)して、善不善、本来替れり。この悟りの開けん、かへすがへすも貴く思ゆる。

さても、この経信、この仏法の名残を惜しみて、さがしき山路の谷あひに、岩根を枕にし、苔の衣を重ねて、夜を明かされけむも、おとらず貴く侍る。結縁、よもむなしからじ。あはれ、この世には、かかる人々はよもおはせじものを。

翻刻

中比帥大納言経信卿西山の花みんとてさるへき
すき人ともいさなひつれて大井川の千本の桜/k199l
なかむとて河のほとりにゐて水の面にたたよ
ひ花の浪におほれ藻くつにましるわさをなん
歎て心をいたましめ心なき嵐をうらみなんとして
日くらしなかめ給へりけり筏にのり向のはたにこ
きよせて各おりたち峰によち谷にくたりて
あそひなんとし給ひけるに或木の本に齢五十
はかりなるか帷一をなんきたる僧の禅定する侍
り人々見付てむらかりよりて何ことをし給ふ
人そいつくの誰かしといへる人にかなんと尋られ
けるに露斗のいらへもせすやや程へて先人々は/k200r
何とて是には来給ふにかといふに経信こたへ
られける様は我は花を見に来れりとの給
はすれは此聖我もしかなりといふ深くおもひ入たる
人ならんと見えけれは法文の心のはるけぬへ
きの給はせよとあなかちにせめられて煩悩即
菩提生死即涅槃と云文をそ誦し侍りける
されはこそとよ只人々はおはせさりけるにとて
重て此文の心なんと問あはれけれは実日比のやみ
もはるはかりいひけれは各やかて本取おろして
同行とやならましと覚る程にそ侍けるさて/k200l
も此山にこもりゐてひとり人にもけかされす
さとり給はんはさる事にて侍れとも自利々
他心平等なるこそ菩薩の行には侍れは京さ
まに出給て人をも教化し給へかしと各すすめ
給へとも露はかりたにさりとおほしたる心侍
らねは此聖の名残をしきままに誰々も宿
へ帰り給ふ事も侍られてさかしき山に浄衣を
かたしきて夜もすから法文をそ問れける夜
明て後今はさのみあるへきわさならねは此聖に
も泣々別て又まいらむなんと契て後俊頼卿かく/k201r
  なきてそかへる春の明ほの
との給ひたるに此僧やかて
  又もこん秋をたのむのかりたにも
と付たるに弥おもひ増て帰き其後尋行た
りけるには見え侍らすとなん誠にあはれなる
事かな山に深くすみて理事即一の悟り開てい
まそかりけん心の中清滝の流れはにこるとも
此人の心の底は露はかりもにこらしとおほえてゆ
かしく侍り凡俗は艮真なり真はやかて事な
れは谷の水をむすひ峰の薪をとり手をうち足/k201l
をはたらかすも仏法にこそなにはの事か法ならぬ
なんともさとらぬ人の前に真俗大にへたたり暦
して善不善本来替れり此悟の開けん返々
も貴くおほゆるさても此経信この仏法の名残
ををしみてさかしき山路の谷あひに岩根
を枕にし苔の衣を重て夜を明されけむも
おとらす貴く侍る結縁よもむなしからしあは
れ此世にはかかる人々はよもおはせしものを/k202r
1)
源経信
2)
「人に」は底本「人々」。諸本により訂正。
3)
「侍らで」は、底本「侍られて」。諸本により訂正。
4)
源俊頼
5)
「隔歴」は底本「へたたり暦」。諸本により訂正。
text/senjusho/m_senjusho07-02.txt · 最終更新: 2016/08/11 13:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa