Recent changes RSS feed

撰集抄

巻6第9話(57) 恵遠法師事(廬山)

校訂本文

昔、唐土(もろこし)に廬山の恵遠法師といふ人ありけり。恵覚禅師の弟子なり。

かの恵覚、行徳いみじき人にて、そのあたりの猛将、もてなし敬ふこと、なのめにも過ぎたり。

さるほどに、蘇国の将軍にて、隣附といふ人侍り。子を五人持ち侍りけるを、「嫡子には、わが職1)を譲らん。一人をば、恵覚のもとにつかはして、僧になして、後世のかためにせん」とて、二郎なりけるをつかはしてけり。

かくて、百余日ばかりありて、恵覚のもとより、蘇国に使を立てて言ふやう、「われに賜びたりし人は、学問に心を入れ侍らざりしかば、とかくいましめしほどに、この暁、すでにはかなくなりぬ。ゆめゆめ歎き給ふべからず」と言ひおこしたり。父母、あさましなどはいふもおろかなり。涙にくれふたがりて、とかく返事するにも及ばず、まことに悲しげなるありさまにて侍り。泣く泣く、力なきよしを返事してけり。日数むなしく経れども、歎きははるる末もなく侍りけり。

さりとても、また、日ごろ思ひしことの末なくて、「あるべきにあらず」とて、父母、三郎の十三になるを、「学問心に入れよ」とて、髪かきなでて、名残の多きのみならず、先の子にも見こりず、「後世のつと」とて、恵覚の室にやりけり。父母の心、たとへなく侍り。

かくて、五月ばかりありて、また言ひつかはすやう、「『このたびの人はさりとも』と思ひつるに、よにも心ざまよからざりしかば、『またなん法文せせがむ』とて、打ち殺し侍りぬ」と告げける。たたごととも思えず、夢かとて思ゆる。まことに悲しかるべし。いまだ二八にだにも及ばぬものを、前(さき)に身をひかでやりつること、今さら悔ひ悲しめるありさまなり。

父母ともに起き上り言ふやう、「さて、あるべきにてもなし。さらば、四郎をやらん」とて、呼び寄せたり。八にぞなりけり。乳母(めのと)、「ただわが命を失なひてのち、いづちへもやり給へ」と泣きこがれけれども、かひなし。つひに恵覚の使にうちそへて、またやりぬ。やりてのちは、「またいつか、『うち殺されぬ』と聞かむ」と、父母うつつ心なく、宵暁(よひあかつき)、門を荒くも叩けば、「『今すでに』と告ぐるや」と心を消して過ぎしほどに、十三にて飾おろすよし、告げたり。これを聞きて、父母、さこそ嬉しく侍りけめ。

さて、「法師になりて見参せん」とて、蘇国の父母のもとに来れりけるに、父母悦びて、急ぎ会ひて、「今はさだめて知りぬらん。いかにとしてか、後世をば助かるべき」と言ふに、僧言ふやう、「無常を観ぜさせ給ふべし。何ごとも夢幻(ゆめまぼろし)の世の中と思せ」といふ時、父、たちまちに発心して、出家し侍りて、子の僧に戒をば受けにけり。母は三十余日経て後に飾おろしてけり。

この僧は、すなはち恵遠法師これなり。恵遠は都率2)の内院に生れ、父母は西方の往生をとげけりと、漢の『明記』に載せたり。かの記を見しに、この所にいたりて、ただ涙落しき。二人の子にもこりもせで、三人までやりける心のたけさは、はかりていふべきにもあらず。当世には、「学問ものうし」とて、いさめ殺す師もあるべからず。殺さるるうへに、重ねてやるべしとも思えず。もし、千万が一、いたみなき子の死にたらば、師匠にも怨む心をばむすばまし。

あはれ、ありがたき父母の心かな。これほどの心きはあらん人、げにもなじかは西方世界に生れでも侍るべき。かへすがへすゆかしき心なりけんかし。

翻刻

昔もろこしに廬山の恵遠法師といふ人あり
けり恵覚禅師の弟子なり彼恵覚行徳
いみしき人にてそのあたりの猛将もてなし敬事
なのめにも過たり去程に蘇国の将
軍にて隣附といふ人侍り子を五人もち侍ける/k179r
を嫡子には我識を譲らん一人をは恵覚のもとに
つかはして僧になして後世のかためにせんとて
二良なりけるをつかはしてけりかくて百余日は
かりありて恵覚のもとより蘇国に使を
立ていふやう我にたひたりし人は学問に心を
入侍らさりしかはとかくいましめし程に此暁すて
にはかなくなりぬゆめゆめなけき給へからすといひ
おこしたり父母あさましなとはいふもをろか也
泪にくれふたかりてとかく返事するにもおよ
はす実にかなしけなる有さまにて侍りなくなく/k179l
力なきよしを返事してけり日数空くふれ
とも歎ははるるすゑもなく侍りけりさりとて
も又日比おもひし事のすゑなくてあるへきに
あらすとて父母三良の十三になるを学問心に
入よとて髪かきなてて名残の多きのみならす
さきの子にも見こりす後世のつととて恵覚の
室にやりけり父母の心たとへなく侍りかく
て五月はかりありて又いひつかはすやう此たひ
の人はさりともと思ひつるによにも心さま
よからさりしかは又なん法文せせかむとて/k180r
打殺し侍りぬと告けるたた事共おほえす
夢かとて覚る実にかなしかるへしいまた二
八にたにもおよはぬ物を前に身をひかてや
りつる事いま更くひかなしめるありさま也
父母ともにおきあかりいふ様さてあるへきにても
なしさらは四郎をやらんとてよひよせたり
八にそなりけりめのとたた我命をうしなひ
て後いつちへもやり給へとなきこかれけれ
とも甲斐なしつゐに恵覚の使に打そへ
て又やりぬやりて後は又いつか打ころされぬとき/k180l
かむと父母うつつ心なく宵暁門をあらくも
叩は今已にと告るやと心をけして過し程に
十三にて餝をろすよしつけたり是を聞て
父母さこそうれしく侍りけめさて法師に
なりて見参せんとて蘇国の父母の許に来れり
けるに父母悦ていそきあひて今は定てしり
ぬらんいかにとしてか後世をはたすかるへきといふ
に僧云様無常を観せさせ給へし何事も
夢まほろしの世の中とおほせといふ時父
忽に発心して出家し侍て子の僧に/k181r
戒をはうけにけり母は卅余日へて後に餝を
ろしてけりこの僧は則恵遠法師是也
恵遠は都率の内院に生れ父母は西方の
往生を遂けりと漢の明記にのせたり彼
記をみしに此所に至てたた涙おとしき
二りの子にもこりもせて三人迄やりける
心のたけさははかりていふへきにもあらす当
世には学問ものうしとていさめ殺す師もある
へからす殺さるる上に重てやるへしともおほ
えすもし千万か一いたみなき子のしにたらは/k181l
師匠にも怨心をはむすはましあはれ有難き
父母の心かな是ほとの心きはあらん人けにもなし
かは西方世界に生れても侍へき返々ゆかしき
心なりけんかし/k182r
1)
「職」は底本「識」。諸本により訂正。
2)
都率天
text/senjusho/m_senjusho06-09.txt · 最終更新: 2016/08/01 15:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa