Recent changes RSS feed

撰集抄

巻6第5話(53) ※前話のつづき

校訂本文

「西住聖人、わづらひのこと侍り」と聞きしかば、今は限りの対面もあらまほしく思えて、高野の奥より都にまかり出でて、聖の庵(いほり)にたづね行きて見侍れば、ことの外におとろへ て、はかばかしくものも言ひやらぬ。われをうち見て、「嬉しく」とて、涙ぐみしことのあはれに思え侍りて、そぞろに涙を落し侍りき。

「閑居のつれづれをば、われこそなぐさめ申すに、そこの一人残り給ひて、いかに多く歎かむ」とて、袂をしぼり侍れば、ただあはれさ身にあまりて、その夜は留りて、よろづひまなく、後のわざなんど聞こえしかば、「さりとも、やがてことはきれし」とこそ、思ひ侍りしに、その暁、西向きて、念仏して、終りをとり侍りき。

「今の別れはまことに悲しく侍れども、一仏浄土の再会はさりとも」と、心をやり侍りて、涙をおさへて、最後の山送りして、泣く泣く煙となし、骨を拾い取りて、「高野に」と心ざし侍りき。

そのいとなみし、侍りし、をりふし、花山院中将、必ず参るべき由(よし)、仰せ給ひて侍りしかば、西住聖人のことも申さまほしくて1)、参りて「かく」と申すに、涙にくれ給ひて、「この春、東山の花見にともなひ給へりしことの、最後の対面にありけるぞや」とて、

  なれなれて見しは名残の春ぞともなどしら川の花のした風

と、うちすさみ給へるに、ことにあはれに思え侍りき。

帰る道すがら、露けくて、墨染の藤衣、色変るまで侍りき。仙洞忠勤のそのかみより、鵞王帰依の今まで、深く契りを結びて、いづれの所へもいざなひつれ侍りしに、おくれしかば、げに生きてあるべくも思え侍らず。

草木を見るにつけても、かき暗さるるままに、帰るさの月の光もおぼろに見えて、いとど心も晴れやらぬに、風、篠(しの)の葉草にゆるく通り、草の露もろく、もの悲しき折節、初雁が音(ね)、雲井ほのかに鳴き渡るを聞くに、行宮にあらざれともはらわたを断ち、千鳥にあらざれども、心をいたましめ侍りき。

かくて、高野へ帰りて、夢に見るやう、ありし聖人来て、「我は都卒2)の外院に生れぬ」と見て、夢覚めにき。かく聞きしのちは、「内院にあらざることのうらめしさよ」と思ふかたも侍れども、外院もまた貴くぞ侍る。もし、昔のごとく、在俗にて朝に宮仕ひせしかば、あに外院の往生をとげましや。今生は実に鬢(びん)を掻き、装束を正(ただ)しくして、御門の御まなじりにかかり、禁中に出で入りし、ゆゆしく侍るに、年かたぶきて、髻(もとどり)を切り、月代(つきしろ)見えわたり、麻の衣にやつれるは、をこがましきに似たりといへども、まことの心とはこれにぞ侍るらん。

この世ははかなく、あだなる境なり。それに、「しばしのほどを経ん」とて、名利にほだされて、長劫の間、三途のちまたに沈み侍らんには、かへすがへす、くちをしきことにはあらずや。頼みをかけし主君も助け給はず。あはれみ、はぐくみし妻子・眷属も、中有の旅にはともなひやはし侍る。ただ一人悲しみ、一人迷へるは、これ世にある人の後の世に侍り。いはんや、妻子を振り捨て、面白き所々をも拝み、山々寺々をも修行し侍るは、なかなかに楽しくぞ侍るべき。

もとより、世に無ければ、望みもなし。望み無ければ、恨みもなし。恐しき主君も侍らねば、御勘気をも蒙らず。いとほしき妻子も持たねば、貪着もおこり侍らず。財宝を身にそへねば、野山に臥すも、盗人の恐れ侍らず。また、かかる世捨人には、何の敵か侍らん。後世の昇沈はまた申すに及ばず。

翻刻

西住聖人わつらいの事侍りと聞しかは今は限の対面も
あらまほしく覚て高野の奥より都に罷出
て聖のいほりに尋行て見侍れは事の外におとろへ
てはかはかしく物もいひやらぬ我をうちみて嬉し
くとて涙くみし事の哀に覚侍てそそ
ろに泪を落し侍き閑居のつれつれをは我こそ
なくさめ申にそこのひとり残給ていかにおほくな
けかむとて袂をしほり侍れはたたあわれさ身に
あまりて其夜は留りてよろつひまなく後
のわさなんと聞えしかはさり共やかて事はきれ/k168r
しとこそ思侍しに其暁西向て念仏して終り
をとり侍き今の別は実にかなしく侍れ共一仏
浄土の再会はさり共と心をやり侍て涙を
おさへて最後の山送して泣々煙となし骨を
ひろいとりて高野にと心さし侍き其いとな
みし侍しおりふし花山院中将かならす参るへき
由仰給て侍しかは西住聖人の事も申さは
ほしくてまいりて角と申に涙にくれ給て此
春東山の花見にともなひ給へりし事の最後
の対面にありけるそやとて/k168l
  なれなれて見しは名残の春そとも
  なとしら川の花のした風
とうちすさみ給へるに殊に哀に覚侍き帰道
すから露けくてすみ染の藤衣色かはる迄
侍りき仙洞忠勤のそのかみより鵞王帰依
のいままてふかく契を結て何の所へもいさなひ
つれ侍しにおくれしかはけにいきてあるへくも覚
侍らす草木をみるにつけてもかきくらさるる
ままにかへるさの月の光もおほろにみえていとと
心もはれやらぬに風しののは草にゆるくと/k169r
をり草の露もろく物かなしき折ふし初雁かね
雲井ほのかに啼わたるを聞に行宮にあら
されともはらわたをたち千鳥にあらされ共
心をいたましめ侍きかくて高野へ帰て夢に
見るやうありし聖人来て我は都卒の外院に
生れぬと見て夢さめにきかく聞し後は内院に
あらさる事のうらめしさよと思ふ方も
侍れとも外院も又貴くそ侍るもし昔の
ことく在俗にて朝に宮仕せしかはあに外院の
往生をとけましや今生は実にひんをかき装束/k169l
をたたしくして帝の御まなしりにかかり禁中
に出入しゆゆしく侍るに年かたふきてもととり
を切月しろ見えわたりあさの衣にやつれるはおこか
ましきに似たりといへ共実の心とは是にそ侍る
らん此世ははかなくあたなる堺也それにしはしの
程をへんとて名利にほたされて長劫の間三途
のちまたにしつみ侍らんには返々口惜き事
にはあらすやたのみをかけし主君もたすけ
給はすあはれみはくくみし妻子眷属も中
有の旅にはともなひやはし侍るたたひとりかなしみ/k170r
ひとりまよへるはこれ世にある人の後の世に侍り況
や妻子をふり捨て面白所々をも拝み山々
寺々をも修行し侍るは中々にたのしくそ
侍へきもとより世になけれは望もなし望なけ
れは恨もなしおそろしき主君も侍らね
は御勘気をも蒙らすいとをしき妻子
ももたねは貪着もおこり侍らす財宝を
身にそへねは野山にふすも盗人の恐侍ら
す又かかる世捨人には何の敵か侍らん後世
の昇沈は又不及申/k170l
1)
「まほしくて」は底本「はほしくて」。諸本により訂正。
2)
都率天・兜率天
text/senjusho/m_senjusho06-05.txt · 最終更新: 2016/07/24 13:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa