Recent changes RSS feed

撰集抄

巻6第2話(50) 後冷泉院崩御事

校訂本文

さても、治暦四年の卯月の中の十日のしもつかたのころ、後冷泉院1)、御わづらひのよし聞こえしほどに、わづかに五日ばかり御悩侍りて、十九日の夕べ、はかなくならせ給ひし。「あさまし」とも申すに及ばざりしに、同じ日の暁(あかつき)、女院また失せ給ひしかば、歎きに歎きをそへ、悲しみに悲しみをそへて、月卿雲客の花の袂、涙に洗はれ、露にそぼちて、夙夜せしたぐひ、声をととのへて叫ぶ声、しばしは静まらずとなん。

かの唐土(もろこし)の天宝の年、秋七月、夜更け、人静まりて、玄宗、楊貴姫2)に契りて、「天にかけらば比翼の鳥とたらん、地に住まば連理の枝とならん」と契り給ひしむつびだにも、禄山3)がために奪はれて、前後にこそ別れ給ひしに、「これはいかに」と4)契りましましけるぞや。その夕べまで、つつがもましまさざりし女院の、にはかに息絶えていまそかりけること、かへすがへすあはれに侍り。

後冷泉院、かくれさせ給へる日、後三条院5)、位につかせ給ひしかば、一方は、にはかにめでたく、一方は、歎きの涙にしほたれ、一人はすべらぎの位にいまそかれば、二人6)は無常の鬼に取られ給へり。一天憂喜相交はり、悦びの中の歎き、歎きの中の悦び、いづれも盛衰のためし、歎きも終りあり、悦びもまた末(すゑ)あり、憂喜あらたまりて、安きこと侍らず。

後三条院位にましまししかば、よろづ賢き御はからひのみにていまそかりければ、上下悦びあへりしほどに、わづかに六年(むとせ)を経て、延久の終りの年、玉体不予にいまそかりけるが、つひに五月の上の弓張(ゆみはり)に、死出の山路の鳥の音(ね)にさそはれ給ひにけり。百官(ももつかさ)の歎きは、延喜7)・村上8)の二世に別れ奉りしにもなほ変らず。民の憂ふるわざは、仁徳の御門9)を失ひ奉りしにも、なほまさり侍りき。御年四十(よそぢ)とかや。まことに惜しかるべきほどの御ことぞかし。雲の上には誰かうつつ心侍りし。ただ、夢とのみこそ思えしか。

衾(ふすま)をかはさせ給し国母、しとねに近付きていまそかりし人々の、歎き聞こゆるも、おろかに侍り。一天かきくれて、日月の光を失へる姿に侍りけるとかや。垣根の卯の花の、風にさそはれ、雨にしほれたるも、折節ことにあはれなり。禁中、悲しみあまり、九重うちしめりき。

位にましましし、そのかみの悦び、六年の間の楽み、まさに一時に尽きて悲しく、香隆寺の丑寅(うしとら)の角(すみ)、蓮台野の御山送りのありけるに、子規(ほととぎす)の、幾声と数分きかぬるまでに鳴きけるも、「死出の山路の鳥」と聞けば、「さそひ奉りつ」とや鳴きけむ。また、なほも早め奉る声にしもや侍らん。折から鳥の音ももの憂くぞ侍る。

ただし、子規は、昔の人を恋ふなれば、すでに昔語りにならせ給ひぬるほどに、「いつしか恋ひし」とや鳴きわたるらむ。しかあらば、誰も同じ心なるべし。

かくて、月日はくれ竹の、過ぎぬる世々の恋しさ、わづかに色の藤衣、涙また干(ひ)で脱ぎ替へぬうちに、宇治の大相国10)も失せ給ひぬれば、歎きやまざりける憂さよ。古き形見と残らせ給へるに、誰を頼むの身にしあればか、歎かざらん。

「去年(こぞ)の悲しみにうちそひぬるわざのうたてさ」と思ひしに、明くる年の秋、また大二条殿11)さへおはしまさずなりぬれば、三年の歎き尽きもせで、後三条院の第三年の御仏事には、いよいよあはれに侍りき。

あはれ、はかなき世の中かな。誰か一人としても、この世に留まり果ててやむはある。王母12)一万の寿算、夢のごとし。

  かはらんと思ふ命は惜しからでさても別れんことぞ悲しき

と詠みて、住吉の明神に祈りし母13)もとまらず、祈られし子も、百の命をや過ぎし。百年過ぐるほどなさ、ただ夢の心地し侍る。百年を経んすら、その終りあるべくは、悲しむべし。いはんや、老少不定の境をや。命絶えんこと14)今日にやある、明日にやある。

無常といふことは、深き法門にあらず。誰かこれを知らざらん。知るとならば、などか後の世のために勤めざるへき。無常の理をわきまへざらんは、老ひてこれを言はず。知りてあにいたづらとして過ぐべきや。中にも、いとけなきは行く末をも頼む方もありぬべし。頭に雪をいただきける人の、などか消えなんことを知らざる。いとけなからんすら、明日を頼むべきにはあらぬ世の中なり。

蜉蝣の空に飛ぶを見、朝顔の日に当るを見るにかはらぬは、人の身なり。それは、なほ夕べを待つ。我らは知らず、朝(あした)にや消えむ。栄へる者、楽しみ果てず、必ず衰ふる時あり。栄公15)が三楽も、麟徳の初めの年、長月の初霜に侵されて去る。また禄山16)が胡旋の庭には、梢(こずゑ)の花の風にたぐふよりも、早かりし子のために亡ぼさる。須達か七珍の財(たから)、命とともに朽ちにき。

無常、もし高位をはばからば、天子そ一人この世にとまり果て給ふべき。もし兵者に恐るれば、禄山、いかでか剣の先にかからん。財宝によるべくは、須達ぞ残りとどまるべき。目をふさぎ、心をのどめて、しづかに世の中を思ふに、始めあるものは終りあり、生まるものは必ず死すといへる、ことに身にしみてぞ侍る。

それ、春になるといふ日より、吉野の山にうそぶけば、いつしか霞たなびき、枝いまだ気力なけれど、風まづ動きて、なにとなく風もゆるくなるままに、木々つのぐみて、花つぼめる一房(ふさ)開けしかば、都は春とて、花所々、歌酒家々にして、もてあそぶほどに、嵐よりよりおとづれて、南枝北枝の梅の開け、ととのはらざるに、かつ散りて、梢はひとり浅緑、庭を盛りにうつす花を見るほどに、あるひは波にしほたれ、あるひは風のために散りて、行方なくなりはてぬ。

二月のころは、嵯峨野わたりをながむれば、多くの草どもの、春雨にうるほされて、おしなべて緑に見ゆる中に、「人手をにぎる」と詠ぜし紫塵の蕨も萌え出でて、ゆうゆうと見るほどに、やうやく日を経て、立ち伸び黒みわたりて、ことのほかに変りて見ゆ。

夏になりぬれば、盧橘に香をとめて鳴く子規を待ちて、「五月闇にも歎かじ。東雲(しののめ)の雲にもおとづれよかし」とうつつ心もなく待ちしほどに、郭公(ほととぎす)の声もうちたふるままには、「野辺の草花の早く咲きねかし」と人知れず待ちし甲斐に、草に咲き乱れて、「錦を織れるか」と思えて、「野辺に日を暮してばや」と思ふほどに、「六十余廻見れども飽かず」と、心の底を述べけん人のゆかしく思ひ居て侍れば、すでに月日の積り、夜寒(よさむ)に秋の末にのぞみ、霜冴えて、枯野の薄(すすき)あともなく、木々の紅葉散り果てし枝には、雪の降りかはり、雪たに17)消え侍しありさま、盛衰18)の姿、無常転変の悲しみ侍り。

この理(ことはり)を心にかけて、常に仏の御名を唱へ奉り給はば、往生の大事は、よも遂げはづし侍らじ。おほかたは、妻子を捨てて、よろづをさしおきて勤めんこそは、いみじきことにて侍るべけれども、それかなふまじく侍らば、心にこそよるべきことなれば、なにごとをいとなむとも、これを怠りなく思ひ出づることにて侍れかし。

火宅の中の家居して、今に炎に焼かれなんことをわきまへざる悲しさよ。あはれ、仏の御政には、偏頗おはしまさぬものなるをや。

翻刻

扨も治暦四年の卯月の中の十日のしも
つかたの比後冷泉院御煩のよし聞えし
程に僅に五日はかり御悩侍りて十九日の夕
へはかなくならせ給し浅猿とも申に及はさり
しに同日のあかつき女院又うせ給しかは歎に
なけきをそへ悲に悲をそへて月卿雲客
の花の袂涙にあらはれ露にそほちて
夙夜せしたくひ声をととのへて叫声し/k153r
はしはしつまらすとなん彼もろこしの天宝
のとし秋七月夜ふけ人しつまりて玄宗
楊貴姫に契て天にかけらは比翼の
鳥たらん地にすまは連理の枝とならんと
契り給しむつひたにも禄山かためにうは
はれて前後にこそわかれ給しに是はいか
にも(と)契ましましけるそや其ゆふへまてつつ
かもましまささりし女院の俄に息たえ
ていまそかりける事返々あはれに侍り後
冷泉院かくれさせ給へる日後三条院位に/k153l
つかせ給しかは一方は俄に目出一方は歎の泪
にしほたれ一りはすへらきの位にいまそかれは
二りは無常の鬼にとられ給へり一天
憂喜相交悦の中の歎なけきの中
の悦いつれも盛衰のためしなけきも
おはりあり悦も又すゑあり憂喜あらたまり
て安事侍らす後三条院位にましまし
しかはよろつ賢き御はからひのみにて
いまそかりけれは上下悦あへりしほとに僅に
六とせをへて延久のをはりの年玉体不/k154r
予にいまそかりけるかつゐに五月の上のゆ
みはりにしての山路の鳥のねにさそはれ
給にけりももつかさの歎は延喜村上の二世に
別れ奉しにもなをかはらす民のうれふる
わさは仁徳の御門をうしなひ奉しにも猶まさ
り侍りき御年四そちとかや実におし
かるへき程の御事そかし雲の上には誰か
うつつ心侍したた夢とのみこそ覚しか衾
をかはさせ給し国母しとねにちかつきて
いまそかりし人々のなけき聞ゆるもおろか/k154l
に侍り一天かきくれて日月のひかりをうし
なへる姿に侍りけるとかやかき根の卯花
の風にさそはれ雨にしほれたるもおりふし
ことにあはれなり禁中悲あまり九重うち
しめりき位にましまししそのかみの悦六年
の間楽みまさに一時につきて悲く香隆
寺のうしとらのすみ蓮台野の御山
をくりの有けるに子規のいく声とかす
わきかぬるまてに啼けるもしての山路
の鳥ときけはさそひ奉りつとやなき/k155r
けむ又なをもはやめ奉る声にしもや侍らん
折から鳥の音も物うくそ侍る但子規
は昔の人を恋なれはすてにむかしかたりに
ならせ給ぬる程にいつしか恋しとや鳴わた
るらむしかあらは誰もおなし心なるへし
かくて月日はくれ竹のすきぬる世々の恋し
さ僅に色の藤衣涙またひでぬきかへぬ中
に宇治の大相国もうせ給ぬれは歎やま
さりけるうさよ古きかたみとのこらせ給へる
に誰をたのむの身にしあれはかなけ/k155l
かさらんこその悲みにうちそひぬるわさのうた
てさと思しにあくる年の秋又大二条殿さへ
おはしまさすなりぬれは三とせのなけきつ
きもせて後三条院の第三年の御仏
事にはいよいよあわれに侍き哀はかなき世中
かな誰か独りとしても此世にととまりはてて
やむはある玉母一万の寿算夢のことしか
はらんとおもふ命はおしからてさてもわかれん
事そかなしきとよみて住吉の明神
に祈し母もとまらすいのられし子も百の/k156r
命をや過し百年すくる程なさたた夢の心
ちし侍る百年をへんすらその終りある
へくはかなしむへし況哉老少不定
のさかひをや命たらん事今日にやある明
日にやある無常といふ事は深法門にあらす
誰か是をしらさらんしるとならはなとか後
の世のためにつとめさるへき無常の理をわき
まへさらんはおひて是をいはすしりてあにいた
つらとしてすくへきや中にもいとけなき
は行末をもたのむ方もありぬへし頭に/k156l
雪をいたたきける人のなとかきえなん事を
しらさるいとけなからんすら明日をたのむ
へきにはあらぬ世の中なり蜉蝣の空に
とふを見あさかほの日にあたるをみるにかはら
ぬは人の身なりそれは猶夕へをまつ我らは
しらす朝にやきえむさかへる物たのしみ
はてす必おとろふる時あり栄か三楽も
麟徳の初年なか月のはつしもにをかさ
れて去又禄山か胡旋の庭には木すゑの
花の風にたくふよりもはやかりし子の/k157r
ためにほろほさる須達か七珍の財命と
ともに朽にき無常もし高位をははから
は天子そ独り此世にとまりはて給ふへき
もし兵者に恐れは禄山いかてか釼のさきに
かからん財宝によるへくは須達そのこり
ととまるへき目をふさき心をのとめて閑に
世中をおもふにはしめあるものは終あり生る
ものは必死すといへる殊に身にしみて
そ侍るそれ春になるといふ日より吉野の山
にうそふけはいつしか霞たなひき枝いまた/k157l
気力なけれと風先動てなにとなく風もゆ
るくなるままに木々つのくみて花つほめる一ふ
さ開けしかは都は春とて花所々哥酒家
々にして翫ふ程に嵐よりより音信て南枝北
枝の梅のひらけ愸のおらさるにかつちりて梢
はひとりあさみとり庭をさかりに移す花
を見る程に或は浪にしほたれ或は風の為に
ちりてゆくゑなくなりはてぬ二月の比は嵯
峨野わたりをなかむれは多のくさともの
春雨にうるをされてをしなへてみとり/k158r
に見ゆる中に人手をにきると詠せし紫塵
の蕨ももえ出てゆうゆうとみる程に漸日を
へて立のひくろみわたりて事の外にかは
りて見ゆ夏になりぬれは盧橘に香をとめて
啼子規をまちて五月やみにもなけかし
しののめの雲にもおとつれよかしとうつつ
心もなくまちし程に郭公の声もうちた
ふるままには野への草花のはやくさきねかし
と人しれす待し甲斐に草にさきみたれて
錦をおれるかと覚て野へに日をくらして/k158l
はやと思ふ程に六十余廻みれともあかすと心
のそこを述けん人のゆかしく思居て侍れは
すてに月日のつもり夜さむに秋のすゑに
のそみ霜さえて枯野の薄あともなく
木々のもみち散はてし枝には雪のふりかはり
雪たきえ侍しありさま感衰の姿無常
転変のかなしみ侍り此理を心にかけて常
に仏の御名を唱奉り給は往生の大事は
よもとけはつし侍らし大方は妻子を
すててよろつを閣て勤めんこそはいみしき/k159r
事にて侍るへけれともそれかなふましく侍らは
心にこそよるへき事なれは何事をいとなむ
とも是をおこたりなく思ひ出事にて侍
れかし火宅の中の家居して今にほの
をにやかれなん事をわきまへさるかなしさ
よあはれ仏の御政には偏頗をはしまさぬ
ものなるをや/k159l
1)
後冷泉天皇
2)
楊貴妃
3) , 16)
安禄山
4)
底本、「いかにも」の「も」に「と」と傍書。傍書を採用する。
5)
後三条天皇
6)
後冷泉院と女院
7)
醍醐天皇
8)
村上天皇
9)
仁徳天皇
10)
藤原頼通
11)
藤原教通
12)
西王母。底本「玉母」。諸本により訂正
13)
赤染衛門
14)
底本「命たらん事」。諸本により訂正。
15)
栄啓期。底本「公」なし。諸本により補う。
17)
底本「に」なし。諸本により補入。
18)
底本「感衰」。諸本により訂正
text/senjusho/m_senjusho06-02.txt · 最終更新: 2016/07/18 12:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa