Recent changes RSS feed

撰集抄

巻5第6話(39) 中納言局発心

校訂本文

待賢門院1)に、中納言の局といふ女房おはしましき2)。女院におくれ参らせられてのち、さまを替へ小倉の山の麓(ふもと)に行ひすましておはし侍りきと承りしかば3)、長月の始めつかた、かの御室、たどりたどりまかりにき。

草深く茂りあひて、ゆきかふ道も跡絶え、尾花・くず花露しげくて、のきも籬(まがき)も秋の月澄みわたり、前は野辺、つまは山路なれば、虫の音、あはれに、哀猿(あいゑん)の声、ことに心すごし。荻の上、風枕にかよひ、松の嵐、閨(ねや)におとづれて、心すごきすみかに侍り。

さて、かの局に対面申したりしに、はじめの言葉に、「浮世を出で侍りし始めつかたは、女院の御事の、常には心にかけて、『あはれ、いかなる所にかいまそかるらん』と、悲しく覚え、誰々の人も恋ひしく思え侍りしかども、今はふつに思ひ忘れて、つゆばかり歎く心の侍らぬ也。さすが行ふかひ侍ればや、憂喜の心に忘られぬるなるべし。おろかなる女の心だにもしかなり。年久しく世をそむき、まことの道に思ひ立ちて、月日重ね給ふそこの御心の中、いかに澄みて侍らむ」とぞのたまはせし。ありがたかりける心ばせかな。

まことに、「憂喜、心に忘れぬれば4)すなはちこれ禅なり」と昔の智者の言葉なれば、いかにも、「これを忘ればや」と思ひ侍れど、やや心と心にかなはでとめやらぬに、この局の忘られけん、げに、この世一つの宿善にもよも侍らじ。二・三・四・五の仏の御前にて、多くの宿善を殖え給へるが、いささかの縁によりて、おひ出でぬるなるべし。

われは、つたなしといへども、世をそむくことも、かの局よりははるかの先なり。また、すべて名利を思はず、「ひとへに仏の道に」とこそ思ひ侍れども、「はや、かの局の心ばせにも劣り侍りぬる恥しさよ」と思ひ、帰る道すがら、また案ずるやうは、「恥かしさ思ふこそ、憂喜の忘れぬなれ」と思ひとりぬ。帰りて心をたづれば5)、「さては、またいかがせむ」と思ひかねて、小倉山を出で侍り。

また、そののち三年(みとせ)経てのち、この局、重くわづらふよし承り侍りしかはば、「とぶらひも聞こえん」とてまかりたりしかば、はや息終りにけり。西に向き、掌を合はせ、威儀を乱さずして終りにけり。

「『憂喜の心に忘れたり』と侍りしは、まことにて侍りけり」と思ひさだめて、泣く泣く帰りにき。

翻刻

待賢門院に中納言の局と云ふ女房をかし
ましき女院におくれまいらせられて後さまをか
へ小倉の山の麓におこなひすましておはし侍り/k123r
きうけたまはりしは長月の始つかたかの御室た
とりたとり罷にき草深く茂りあひてゆきかう道も
跡たえ尾華くす華露繁くてのきもまかきも
秋の月すみわたり前は野へつまは山路なれは虫
の音哀にあい猿のこゑ殊に心すこし荻の上
風枕にかよひ松の嵐閨に音信て心すこき
すみかに侍り扨かの局に対面申たりしに始の
詞に浮世を出侍し始つ方は女院の御事の常
には心にかけてあわれいかなる所にかいまそかるらん
と悲く覚誰々の人も恋しく覚侍りしか共/k123l
いまはふつに思忘れて露はかり歎く心の侍ら
ぬ也さすか行かひ侍れはや憂喜のこころに忘ら
れぬるなるへしをろかなる女の心たにもしか也年
久く世を背実の道に思立て月日重給そ
この御心の中いかにすみて侍らむとその給はせ
し有難かりける心はせかな誠に憂喜心に
忘れぬは則是禅也と昔智者の詞なれは
いかにも是を忘れはやと思ひ侍れとやや心と
心に叶はてとめやらぬに此局のわすられけん
けに此世一の宿善にもよも侍らし二三四五/k124r
の仏の御前にて多の宿善をうへ給へるか聊
の縁によりておい出ぬる成へし我はつたなしと
いゑ共世をそむく事も彼局よりは遥のさき也
又都名利をおもはす偏仏の道にとこそ思ひ
侍れ共はや彼局の心はせにもおとり侍りぬるは
つかしさよと思ひ帰る道すから又案するやう
ははつかしさ思ふこそ憂喜の忘れぬなれと
思ひとりぬ帰て心をたつれは(たつぬれはイ)さては又いかかせむと
思ひかねて小倉山を出侍り又其後三とせ経て
後此局おもく煩ふよし承り侍しかは訪も/k124l
聞えんとて罷たりしかははやいき終にけり西に
向き掌を会威儀を乱すして終にけり憂
喜の心に忘れたりと侍りしは実にて侍り
けりと思定て泣々かへりにき/k125r
1)
藤原璋子
2)
底本「をかしましき」。諸本により訂正。
3)
底本「侍りきうけたまはりしは」。諸本により訂正
4)
「れば」、底本「れ」なし。諸本により補う。
5)
底本「たつぬれはイ」と異本注記
text/senjusho/m_senjusho05-06.txt · 最終更新: 2016/06/19 18:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa