Recent changes RSS feed

撰集抄

巻5第5話(38) 或僧対覚尊事(鳴子歌)

校訂本文

中ごろ、駿河国、いづくの者とゆくへも知らぬ僧の、つたなげなる侍り。富士の山の奥、けしかる庵を結びて、休み臥し所(ど)とはし侍りけるなめり。食ひ物は魚・鳥をも嫌はず、着物は薦・藁をいはず身にまとひて、そこはかとなきそぞろごとうち言ひて、ものぐるひのごとし。しかはあれど、さすがなる心も侍り。思ひかけぬ優(いう)なることなん、言ふ時も侍りける。

ある時、覚尊聖、なすべきこと侍りて、東路(あづまぢ)に思ひ立ちて、鳴海潟を過ぎ侍りけるに、この僧、寄りて物を乞ひけるを、「いかさまにも、うちやりの乞食にしもは見えず」とて、居給へる対座に呼びすゑければ、つゆばかりだに、はばかる気色なく、座につき侍りぬ。この聖の供の者も、その里の族(やから)も、「めづらかなるわざかな」と思へる。

やや物語聞こえて後、「さても、まことの法文、一言承はらん」と聞こえけるに、この乞食僧、うち笑ひて、かく、

  鳴子をばおのが1)羽風にゆるがして心とさはぐむら雀かな

と読み捨て、隠れ去ぬ。聖、あへなく思えて、人を分かちてたづね侍れど、いづかたにかいましにけむ、跡だになしとぞ。

げに、むら雀の、おのが羽風に鳴子をゆるがして、鳴る声にさわぐなるやうに、心がとにかくに思ひつき、物をわけおきて、かへりてこれにまどふに侍り。この歌は唯識を思ひ入りて詠めりけるなるべし。いとど貴く思え侍り。

さても、この聖の終(つひ)の有様を知らず。いかなる山深く住みてか2)、唯識の観をこらし給ふらむ。隠れたる信あれば、あらはれたる威あり。徳を隠しかねて、また、いづち3)ともしられぬ境に至り給ひにけるやらん。ゆかしかりける人なりけんかし。

翻刻

中比駿河国いつくの者とゆくゑも智らぬ僧
のつたなけなる侍り富士の山の奥けしかる庵を/k121l
結てやすみ臥ととはし侍りけるなめり食物は魚
鳥をもきらはすき物はこもわらをいはす身にま
とひてそこはかとなきそそろ事打云て物くるいの
如ししかはあれとさすかなる心も侍り思懸ぬ優
事なん云ふ時も侍りけるある時覚尊聖な
すへき事侍りて東路に思立てなるみ方をす
き侍りけるに此僧よりて物を乞けるをいか
さまにもうちやりの乞食にしもは不見とて居
給へる対座によひすへけれは露はかりたにはは
かるけしきなく座につき侍りぬ此聖のと/k122r
ものものも其里の族もめつらかなるわさ
哉と思へるやや物語きこえて後扨も実の法
文ひと詞承給はらんと聞けるに此乞食僧打
わらひてかく
  なるこをはおのこ羽風にゆるかして
  心とさはくむら雀かな
と読捨て隠去ぬ聖あへなく覚て人をわかち
て尋侍れといつ方へかいましにけむあとたに
なしとそけに村雀のをのか羽風になるこをゆる
かしてなるこゑにさはくなる様に心かとにかくに/k122l
思付物をわけおきてかへりてこれにまとふに侍り
此哥は唯識を思入て読りけるなるへしいと
と貴く覚へ侍り扨もこの聖のつゐの有様
を不智いかなる山深くすみてる唯識の観をこ
らし給らむかくれたる信あれはあらはれたる威
あり徳をかくし兼て又はつら共しられぬ堺に
至り給にけるやらんゆかしかりける人なりけんかし/k123r
1)
底本「おのこ」。諸本により訂正。
2)
「住みてか」は底本「住みてる」。諸本により訂正。
3)
「いづち」は底本「はつら」。諸本により訂正
text/senjusho/m_senjusho05-05.txt · 最終更新: 2016/06/19 13:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa