Recent changes RSS feed

撰集抄

巻5第4話(37) 永縁僧正事

校訂本文

中ごろ、山階寺の別当にて、永縁僧正といふ人なんおはしけり。智恵の、人に勝れたるのみにあらず、六義の風俗を極め侍り。ある時は、身を禅室にひそめて、心を法界に住ましめ、ある時は、花下月前に寄り居て、詞を和州にやはらぐ。

しづが垣根に卯の花の咲きそめ、山郭公(ほととぎす)の里なれしより、人の心情ばみて、心もそらになるを、ある時、あひ知れる友達の僧の来たりて、「いかに、この御歌は学問の妨げには侍らずや」と、問ひ奉り侍りければ、「なじかはしかあらん。いよいよ心ぞ澄み侍らめ。恋慕哀傷の風情をも詠みては、みなわが心に帰すれば、唯識の悟、ここに開かれぬ。もと心の外に法なし。ただ、心の偽れるなり。おのが心をさわがして、なにと、『学問の妨げ』とはのたまはするぞ。いとど無下に侍り」と言はれて、涙を落してのきにけりとなん。

ただ法文の道に取り入らぬ心すら、和歌の道にたづさはる輩(ともがら)は、心の優にて、歎きも恨みも、ともに忘るるに、まことの法に思ひ入りて、詠みとられけむ、うらやましくぞ思ゆる。あはれ、智恵は外にはなきものを。「いつ、むら雲の晴れやりて、実の見解(けんげ)の出で来て、澄める月を見むずらん」と、いとど心もとなくぞ思え侍る。

さても、「三十七尊住心城」と説かれたるを聞く時は、やがて、「胸のうちを開きて、これを拝まん」と思ふ心の付き侍りしを、「はかなき凡夫の眼、あに尊容を拝し奉らんや」と思えて、かへりて愚痴の心をあざけりて、今日もすでに暮れぬ。

翻刻

中比山階寺の別当にて永縁僧正と云ふ人
なんをはしけり智恵の人に勝れたるのみにあら
す六義の風俗をきはめ侍り或時は身を禅
室にひそめて心を法界にすましめ或時は花
下月前に寄居て詞を和州にやはらくしつ
かかきねに卯華の咲そめ山郭公の里なれし
より人の心情はみて心もそらになるを或時相/k120l
智友達の僧の来ていかに此御哥は学問の
妨には侍らすやと問奉り侍りけれはなしかは
しかあらん弥々心そすみ侍らめ恋慕哀傷の風情
をも詠ては皆我心に帰すれは唯識の悟ここに
開かれぬもと心の外に法なし唯心のいつは
れる也をのか心をさはかしてなにと学問の妨とは
の給はするそいとと無下に侍りといはれて涙
を落てのきにけりとなん唯法文の道に取
入ぬ心すら和哥の道にたつさはる輩は心の優
にて歎もうらみも共に忘るるに実の法に/k121r
思入て詠とられけむうら山しくそ覚る哀智
恵は外にはなき物をいつ村雲の晴やりて実
のけんけの出きて澄る月をみむすらんといとと
心許なくそ覚え侍る扨も三十七尊住心城とと
かれたるを聞時はやかてむねのうちをひらき
て是をおかまんと思ふ心のつき侍りしをはかな
き凡夫の眼あに尊容を拝し奉んやと覚て
返て愚痴の心をあさけりて今日も已に暮ぬ/k121l
text/senjusho/m_senjusho05-04.txt · 最終更新: 2016/06/18 23:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa